画像

写真拡大 (全2枚)

 パナソニックは、店舗の窓ガラスなどをデジタルサイネージ(電子看板)としても活用できる透明スクリーンを3月に発売する。

 パナソニックが発表したのは、店舗の窓ガラスなどをデジタルサイネージ(電子看板)としても活用できる高コンストラストな画質を実現する透明スクリーン。3月22日に発売となるこの製品は、2枚のガラスの間に高コントラスト調光フィルムを封入。電圧をかけることで透明モード、電圧オフでスクリーンモードに変化する特殊なガラスと制御ボックスのセットとなっている。

スクリーンは、複数枚接合による大画面化も可能。
新製品の情報を映像で表示したり、バーゲン時にはセール情報を表示するといった活用もできる。

 映像はプロジェクターから、スクリーンモード時に投影(リア投射方式)し、制御ボックスがプロジェクターとスクリーンを同期させ、透明モードとスクリーンモードを切り替える。透明モードでは、ショーウィンドーとして商品や展示物を見せ、スクリーンモードでは、ガラス面に高画質な映像を表示することが可能になる。

MarkeZine編集部[著]