土田晃之

写真拡大

29日放送のラジオ番組「日曜のへそ」(ニッポン放送)で、土田晃之が、大相撲の新横綱・稀勢の里の出身地が日本だと連呼する世情に疑問を呈した。

番組では、大相撲初場所で初優勝した大関・稀勢の里が25日、第72代横綱に昇進した件を話題にした。日本出身横綱の誕生は19年ぶりとなる。

土田は「日本出身をすごいうたってくるけど、そんなに大事なの?」と疑問を口にし「『日本出身だから応援しよう』なら、外国人力士を最初から(相撲界に)入れなければいい」と持論を展開した。

土田は相撲が日本の国技であり、外国人を締め出すことが可能だと主張しつつ「でもそうじゃなくて、外国人も入れてやっぱり強い力士を見たい、というのでやっていること」と現状を説明した。

それにもかかわらず「日本人力士」を強調する状況に土屋は違和感を覚えたようだ。土田は「どこ出身の横綱とかあまり関係ないから」と意見していた。

【関連記事】
土田晃之 入院後に所属事務所から言われた驚きの一言「いつ退院できるんだ?」
坂上忍 解説で出演した舞の海秀平の体たらくにツッコミ「何しに来やがった!」
土田晃之がV6・長野博のグルメぶりを明かす「食事のために伊豆まで行く」