“The STROBOSCORP”が一夜限りの生ライブを披露!

写真拡大

映画『君と100回目の恋』(2月4日公開)の舞台挨拶付き公開直前ライブイベントが1月30日にZeppTokyoで開催され、miwa、坂口健太郎、竜星涼、真野恵里菜、泉澤祐希が登壇。1000人の観客が熱狂するなか、アンコールに応えたmiwaが大粒の涙を流した。

【写真を見る】坂口健太郎の生ギターに観客も大興奮!

本作はmiwaと坂口がW主演を務め、事故に遭遇してしまう葵海(miwa)と、彼女の運命を変えるためタイムリープを繰り返す青年・陸(坂口)の運命の恋を描く純愛映画。この日は、主人公たちが組む劇中バンド“The STROBOSCORP”のメンバーが集結した。バンドでは、miwaがボーカルとギター、坂口がギター、竜星がベース、泉澤がドラムを担当している。

miwaは「“The STROBOSCORP”です!今日は一夜限りのスペシャルライブとなります」と元気に挨拶。坂口は「緊張します」と苦笑いを見せ、「でも、この3人がいてくれるからね」とメンバーを見渡し、「緊張も吹き飛ばすようないいライブにできたら」と意気込んだ。

またメンバーを見守る役どころを演じた真野もステージに上がると、坂口は「僕らみんな本当に仲良くて。こんなに愛せる4人と一緒に映画を作れたのは最高でした」と共演者への思いを明かしていた。

ステージでは、「単純な感情」「アイオクリ」の2曲を生披露。映画上映後のライブとなったが、メンバーは劇中そのままの雰囲気たっぷりの演奏を見せ、観客も大興奮。「アイオクリ」ではmiwaと坂口がツインボーカルをする一幕もあり、熱の込もった歌唱で会場を魅了した。

一同がステージを去るとアンコールが鳴り響き、miwaが再登場。「いつまでも陸のことを思って歌う曲でありたいなと思います。葵海の気持ちで歌いたい」と語り、主題歌「君と100回目の恋」を歌い上げた。曲の後半では感極まって大粒の涙をこぼしたmiwa。

涙が頬を伝いながらも、精一杯に透明感あふれる歌声を響かせるmiwaを見て、もらい泣きする観客の姿も見受けられた。最後には“The STROBOSCORP”のメンバーと真野が再びステージに現れ、みんなで手を繋いで深く一礼。一夜限りの感動のライブを締めくくった。【取材・文/成田おり枝】