オッサン足開くな!電車での迷惑行為ランキング

写真拡大

 東急電鉄が2016年の9月から始めたマナー向上キャンペーン。そのうちのひとつ「座席編」が議論を呼びました。

 ヒールを履いた女性が脚を揃えて座る写真に添えられた「ヒールが似合う人がいた。美しく座る人だった。」というコピー。女性の両隣には、ガバッと大股開きの男性と脚を組んだ男性が座っているのです。

 女性のみにクローズアップして、間接的に男性の迷惑行為を伝える広告。これに対して、「悪いのは隣の男性なのに、なぜそこに触れないんだ」と批判する意見が出ています。

 今回、女子SPA!では、電車内での迷惑行為に着目しました。25歳〜35歳の女性200人に電車内で、特におじさんがやっていて迷惑・不快に思う行為を調査(※)しました。

================
電車内で、特におじさんがこれらの行為を「やっているのを見て迷惑だと感じたことがある」「もし見かけたら不快に感じるだろうと思う」を下から選んでください。(複数回答)

10位 耳あか掃除をする 32.50%
9位 どさくさにまぎれて手を胸・お尻に触れてくる 34.5%
8位 車中でワンカップ酒・缶ビールを飲んでいる 38.5%
7位 鼻クソをほじる 39.5%
================

 9位の「どさくさにまぎれて手を胸・お尻に触れてくる」は、迷惑どころか立派な痴漢行為です! 仮に「いいじゃないか。減るものでもないし」と思っているなら、「減るんだよ! 私のヒットポイントが!」と言ってやりたいですね。

 男女関係なく、「ここは居間ですか?」と聞きたくなるくらい電車内でリラックスしている人をたまに見かけます。8位の「車中でワンカップ酒・缶ビールを飲んでいる」もその部類かもしれません。中には、ローカル線の旅気分で昼間から乾き物をつまみに二人で酒盛りをする初老男性もいました。

 7位の「鼻クソをほじる」は、ほじった鼻クソの行方が気になり、別の意味で目が離せなくなってしまいます。何げない風を装って、つり革や手すりを握る(そして付着…)ほか、指をこすり合わせて下に落とすパターンなど、人によってさまざま。

================
6位 ぶつかった相手にケンカをふっかける 40.5%
5位 混んでいるのに自分の領域を主張し、舌打ちなど威嚇してくる 41%
4位 足をやたら開いて座る 43.5%
================

 6位の「ぶつかった相手にケンカをふっかける」、5位の「混んでいるのに自分の領域を主張し、舌打ちなど威嚇してくる」。混雑した電車内で降車駅までどうにかやり過ごしているのに、余計なストレス材料を与えないでほしいものです。

 無意識のうちに他人の座るスペースを奪っているのが4位の「足をやたら開いて座る」です。「男子は脚を広げて握りこぶしをももの上に置く。女子は脚を閉じて両手を重ねる」と指導された小学生のころの集合写真を思い出しました。おじさんたちも、知らず知らずのうちに「男子は脚を広げて座るもの」と刷り込まれていたのでしょうか。

◆3位 体臭・加齢臭がクサイ 45.5%

 迷惑行為はされていないのに、不快指数が高いのが体臭・加齢臭・部屋干し衣類の臭いです。湿度の高い雨の日の通勤電車では、特に威力を発するケースが多いようです。

「奥さんが何も言わないのかな」と夫婦仲を心配してしまいます。奥さんと不仲だ、あるいは独り身だと想像すると、臭いを発するおじさんに哀愁を感じるかも。

◆2位 酔って嘔吐 45.5%

 視覚・嗅覚ともにダメージをくらうのが「酔って嘔吐」です。ただただ不快のひとことにつきます。

 特に冬場はノロウィルスなどの病気が流行ることから、人の吐瀉物は危険物認定レベルです。できるかぎり空気を吸い込まないようにして、車両を移動するのが賢明かもしれません。

◆1位 駅員に怒鳴っている 53.5%

 電車内はもちろん、ホームでもよく見られる「駅員に怒鳴っている」が栄えある1位に輝きました! 理由がどうあれ、駅員相手に大声でまくしたてている姿はクレーマーにしか見えません。自分の行動が周囲の人の不快指数を上げているのだと気付かずに、話しているうちにどんどんヒートアップしているケースが多いようです。

※【調査概要】
調査方法:アイブリッジ(株)提供の「リサーチプラス」モニター(25歳から35歳の女性)に対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2017年1月19日〜22日
有効回答者数:25歳から35歳の女性200名

<TEXT/畑菜穂子>