“アメリカの上沼恵美子”がトランプ夫人に毒舌連発で炎上!

写真拡大

 大統領就任後も相変わらずやりたい放題で、大統領令を出しまくるトランプに「この世の終わり」をうっすら感じているアメリカ人が多いようです。

 その恐怖感から反トランプデモが全世界で巻き起こる中、今アメリカではその先頭に立って「ウーマンズ・マーチ」に参加する女性セレブたちのやり方に注目が集まっています。

◆夫人の英語力をコメディアンが痛烈ディス

 就任式でラルフローレンのドレスを見事に着こなし、絶賛されたばかりの新ファーストレディのメラニア・トランプ(46歳)。その一方で、スロベニア出身で未だ訛(なまり)が消えない彼女の英語を小馬鹿にする女性コメディアンが現れ、物議を醸しているのです。

 問題となっているのは、トーク番組の司会も務めるコメディアンで女優のチェルシー・ハンドラー(41歳)の“メラニアは英語が喋れない発言”。

 サンダンス・フィルム・フェスティバル開催中に「ウーマンズ・マーチ」を主催したチェルシー。その直後に行われた『ヴァラエティ Variety』によるビデオインタビューで「大統領夫人を自分のトーク番組に呼ぶか」と聞かれ、「まさか! 彼女に何を聞けばいいの? 英語もろくに喋れないのに」言い放ったのでした。

 彼女はかねてから夫人の英語能力を馬鹿にする発言を繰り返しており、夫人がスピーチすると聞けば「通訳がつくことを祈るわ」、大統領選のディベート後には「誰かがメラニアに全部説明してくれるといいわね」とツイート。毒舌度数は日本の女性タレントで言う上沼恵美子レベル。いやそれより上かもしれません。

 今回の発言後も、「助けがいるときはウィンクしてね@メラニア・トランプ」と名指しでツイートする念の入りよう。あくまでも反メラニア姿勢を貫いていくようです。

◆過激発言がエスカレートするマドンナまた炎上

 しかし、移民が多いアメリカでのこうした発言には厳しい意見も多く、反トランプ派の中にも眉をひそめている人が大勢いるようだと『ページシックス Page Six』などが報道。

 SNS上でこの発言は、チェルシーのファンからも「なんでそんなに意地悪なの?」「同じジョークしか言えないのかよ!」「ここまで来るとウザいわ」「これじゃイジメと同じ」と声が上がり、さらにトランプ支持者たちはここぞとばかりに彼女を袋叩き。

 日本から移住してきた筆者も、訛りのある英語がバカにされているのを見ると他人ごととは思えず心が痛むわけで、「夫人いじりをするのは構わないけど、他にネタはなかったのかね?」と思わずにはいられませんでした。

 そう、いくらトランプ大統領のやり方がひど過ぎるとはいえ、失言・迷言は仲間からも反感を買ってしまうのです!

 21日にワシントンで行われた「ウーマンズ・マーチ」でマドンナ(58歳)がしたスピーチも、Fワード連発した上に「ホワイトハウスを爆発することも考えた」と過激な発言をして炎上。マドンナは後日、インスタグラムで「自分は暴力的な人間ではない」と弁明するハメになりました。

『エンターテインメント・ウィークリー Entertainment Weekly』によると、マドンナと同世代の歌手シンディ・ローパー(63歳)はトーク番組で「あれじゃ私たちの目的は達成されないわ」と辛口コメント。

 シンディは、同デモで娘の将来を憂う感動的なスピーチをした女優スカーレット・ヨハンソン(32歳)を「彼女は明快で雄弁だった」とマドンナとは対照的な例に挙げ、「がなり立てるだけでは、人の心を開けない」と歌手仲間をたしなめたそうです。

 一連の騒動を受けて、現在、大統領陣営は夫人を嫌がらせから守る特殊チームを準備中、マドンナに対してはシークレットサービスが今も監視の目を光らせているとの噂も。

 分裂したアメリカ、怒れるセレブたち。やり過ぎて、逮捕・活動休止なんてことにだけはならないで欲しい!

Source:「Variety」http://variety.com/video/chelsea-handler-independent-election-democrat/
「Page Six」http://pagesix.com/2017/01/25/chelsea-handler-attacks-melania-trump-again/
「Entertainment Weekly」http://ew.com/tv/2017/01/26/cyndi-lauper-madonna-womens-march-speech/

<テキスト/橘 エコ>
【橘エコ】
アメリカ在住のアラフォー・ブロガー。 出版社勤務を経て、2004年に渡米。ハリウッド最新映画レビューやゴシップ情報などのほか、アメリカ女子を定点観測してはその実情をブログで発信中。WEBマガジン「milkik」では「アメかじシネマ」「愉快なアメリカ女子」を連載中(http://milkik.com/)