隣のあの子は、なんのプロ? 噂のNHKアプリの「意外な」使われ方

写真拡大 (全2枚)

Forbes JAPAN編集部によると、前回の記事の反応が大変良かったそうです。実際みなさまから頂いたコメントを読んでみると、アプリに対する評価がすこぶる高い。記事をきっかけにアプリをダウンロードしてくださった方も大勢いたようで、本当に嬉しいです。心より感謝申し上げます。

一方、僕に対しては「浮かれている」「文章がチャライ」といったご意見が…。も、申し訳ありません。確かに浮かれていたかもしれない。年も明けたことですし、今年は少しだけ気を引き締めて参りたいと思います。

さて、今回はプロフェッショナルアプリの”意外な使われ方”についてお話ししようと思います。現在、YouTubeにはこのアプリで作った動画が何万本もアップされています。音楽の著作権の問題で動画を掲載できるプラットフォームに制限があるため、正確な数は把握できないのですが、アプリのリリースから1年が経った今でも、毎日数千〜1万本程度の動画が作られているようです。

では、どういった場面でこのアプリが使われているのでしょうか? おそらく多くの場合は、忘年会や新年会での出し物などでネタ的に使われているのかなと想像します。そんな中で、僕が「へぇ、なるほどな!」と思った事例がありました。それは、姫路市のある中学校での使われ方。名付けて「隣のあの子は、なんのプロ?」です。

これは中学3年生を受け持つ先生のアイデアなのですが、まず33人のクラスをくじ引きで二人一組のペアにわけます。そして、ペアになった相手が何のプロかを考え、アプリで動画を作るという極めてシンプルなものです。でも、いざやるとなるとこれがとっても難しくて、深いんですね。

アプリで動画を作る上で絶対に必要な要素は、「肩書き」と「流儀」です。しかし、中学生にはいわゆる肩書きが存在しません。「ディレクター」とか「経営者」とか言えないわけです。次に流儀ですが、そんなもの考えたことがないという生徒がほとんど。僕自身もそうですが、13、4歳の頃は大体ここには書けないようなことしか考えていませんでしたから、突然「流儀」と言われてもフリーズするのは当然です。

案の定、自分の長所や取り柄が見つからない、と完全に煮詰まった男子生徒がでてきました。でも、ペアになった女子生徒が粘り強く話を聞いていく中で、彼のノートにたくさんの落書きを発見するんです。で、一言。「なにこれ、面白いやんっ!」。その瞬間、彼の肩書きが決まりました。”らくがきのプロ”です。

さらに、なぜ彼が多くの落書きをするのか聞いていくと、絵を描いている時が一番自分の感情を表現できて、その絵を見て人が喜んでくれるのが嬉しいのだということが分かっていきます。こうした対話を通じて、”らくがきのプロ”としての彼の流儀が見つかりました。「自分の好きなものを描き続ける」。

この授業の様子はNHK大阪放送局の番組で知ったのですが、「先生すげーな!」と思いました。アプリを使う前には1人もいなかったプロフェッショナルが、あっという間に33人も生まれたのです。「らくがきのプロ」「逆立ちのプロ」「ムードメーカー」、水飲み場のシンクや蛇口を掃除するのがとってもうまい「磨き職人」というプロまで現れました。どの生徒さんの目もキラキラしていて、最高の動画ばかりでした。

この番組を見た同志社女子大学・現代こども学科の上田信行教授は、「プロフェッショナル・コンフィデンス」という概念が新たに生まれたといいます。プロフェッショナル・コンフィデンスとは何か? 上田さんは”小さなp”と”大きなP”という表現を使って説明してくれました。

小さなpは”らくがきのプロ”のような、まだ世間的には知られていなくても自分だけは気づいているプロフェッショナルな側面を指します。一方、大きなPはたとえば宮崎駿さんやイチローさんのような、番組に出てくるいわゆる「プロフェッショナル」のことです。

そして上田さんは、「このアプリは、誰しもの中にある小さなp=プロフェッショナルに気づくきっかけを作り、まるで自分が番組の主人公になったような感覚になる中で、自分も大きなPを目指してもいいんだという”自信”を与えてくれる」と言います。それがプロフェッショナル・コンフィデンス(自信)なんですね。

プロになっていく過程では、この”自信”がものすごく大きな後押しになるんだそうです。なるほど。そうなると、らくがきのプロの中学生と宮崎駿さんは、アマチュアとプロという形で分断されているのではなく、実は陸続きであると考えられるのかもしれません。らくがきのプロは未来の宮崎駿なのかもしれないし、宮崎駿はかつてらくがきのプロだったかもしれない…うーん、なんだか壮大な話になってきました。

実は、元々僕たちもこのアプリは教育現場で使ってもらいたいと思っていました(実際このアプリのカテゴリは「教育」でリリースされています)。ただし、僕たちが想定していたターゲットは就活前の学生さん。アプリを使って本気で動画を作るとなると、自分の強みや信念を相当深掘りする必要があります。ですから、高校や大学のキャリア教育の中で使えるツールとして役に立てないかなと考えていたのです。

実際、高校や大学で使って頂いているという話はよく耳にしたのですが、まさか中学校で使われるとは。さらにその使われ方の深さに、目から鱗が落ちる思いでした。

さて、覚えていらっしゃいますでしょうか。前回の記事は「テレビって、オワコンでしょうか?」という問いかけから始めさせてもらいました。もちろん僕は全然オワコンじゃないと思っています。このアプリを例にとって言えば、プロフェッショナルという番組は、まだまだ僕たちの気づいていない”可能性の塊”だったことが明らかになりました。もうオワコンどころか、やらなきゃいけないことがめちゃくちゃ目について、くらくらするほどです。

当たり前のことかもしれませんが、番組の持っている価値というのは、なにも”テレビ”というデバイスの中だけで、”番組”という形でのみ消費されるモノではないんですよね。僕はそのことにようやく最近になって気づき始めました。

そしてこれも当たり前のことですが、僕たちが大切にすべきなのは、番組の持つ情報や価値をきちんとユーザーにお届けすることです。ですから、超極端なことを言えば、僕は場合によっては番組を見てもらえなくてもいいと思っています。

いや、もちろん見てもらいたいですよ。ディテクターたちが必死になって作りあげる番組です。ちゃんとテレビで見てもらいたいに決まっています。でも、そこにこだわるあまり、情報や価値が全然届かないということだけは絶対に避けたい。テレビでもアプリでもいい、どんな方法でもいいから、番組の持つ情報や価値をユーザーにお届けし、何らかの役に立っていくことが大切だと本気で思うのです。

さて、長くなってきましたのでそろそろ終えます。今回も前回同様、最後に流儀を繰り出して筆を置こうと思います。ちょっとプロフェッショナルのナレーション風に書いてみますね(脳内にあの橋本さとしさんのナレーションを思い浮かべてください)。

NHKのディレクターとして、走り続けて14年。
大好きだった番組作りをやめ、いつしか”1人広告代理店”と呼ばれるようになった。
葛藤の末に掴んだ、ひとつの流儀がある。
(音:ぽーん)
『NHKの価値をしゃぶり尽くして、社会に貢献する』

次回は、この「NHKの価値をしゃぶり尽くす」ということについて、もう少し詳しくお話しさせて頂ければと思っています(プロフェッショナル風を連発していると、そろそろプロデューサーからすごい叱られそうなのでもうやめます…)。