セビージャに所属する清武弘嗣【写真:Getty Images】

写真拡大

 Jリーグのクラブに移籍する可能性が浮上したセビージャ所属の日本代表MF清武弘嗣だが、その中でもセレッソ大阪への復帰が最有力のようだ。30日にスペインメディア『エル・コッレオウェブ』が報じている。

 清武に関してはヴィッセル神戸やサガン鳥栖、そしてC大阪などが獲得を目指していた。セビージャは先日、MFワルテル・モントーヤを獲得したこともあり、清武移籍の可能性に拍車をかけている。

 同メディアによると、移籍金の面で交渉が難航しているが、それでも移籍期間が終了するまでに交渉が成立する可能性が高いとのこと。移籍が決まれば、4年半ぶりのJリーグ復帰となる。

text by 編集部