SUPER JUNIOR イトゥク、グループ内での待遇に言及「僕だけスイートルーム」

写真拡大

SUPER JUNIOR イトゥクが、メンバーのキュヒョンがリーダーの座を狙っていると打ち明けた。

イトゥクは韓国で最近放送されたKBS 2TV「1対100」に出演した。MCのチョ・チュンヒョンアナウンサーがイトゥクに「メンバーたちがリーダーの優遇をしているか」と質問するとイトゥクは「そういうのは全くない。ただ優遇と言えば、海外の公演に行くとみんなホテルに泊まるが、僕だけスイートルームを使う」と話し、リーダーであるために受けている待遇を公開した。

他にもイトゥクは「もう1つは、運転手の隣の助手席は楽に行ける席なのでリーダーである僕が座り、その後ろからは年長者の順で座る。なのに、いつからか末っ子のキュヒョンが僕の席に座っている」とし、「降りてと言うべきだが、兄なのに少しケチと思われそうなので、自然と僕が後ろに座るようになった」と明かし、笑いを誘った。

イトゥクはキュヒョンに「バスにも『優先席』というのがあるが、グループには兄がいる。これからはよろしく」とビデオメッセージを残し、改めてスタジオを爆笑させた。

KBS「1対100」では漢方医のチョン・ジヘン氏が出演し、5千万ウォン(約500万円) の賞金に挑戦しながら100人と競争した。