コンパクトサイズに十分な性能 ポップな5色から選べる

写真拡大

ソフトバンクは、シャープ製スマートフォン「AQUOS Xx3 mini」を2017年2月上旬以降に発売する。

電池残量が少なくなったら動作・機能を制限、より長く使える「長エネスイッチ」搭載

約4.7型フルHD(1920×1080ドット)IGZO液晶ディスプレイを搭載。ユーザーから要望が高いというコンパクトなサイズにこだわり、片手で持っても使いやすいデザインを採用した。

約2100万画素メインカメラは光学手ブレ補正機能を備え、遠くの被写体もくっきりと撮影できる。動画から静止画を切り出せる「あとからキャプチャー」対応。また約800万画素サブカメラは約100度の広角レンズにフラッシュを搭載し、美しい"自撮り"撮影が可能なほか、薄暗い室内や夜景でも明るく撮影できる「NightCatch2」、専用のシャッターキーを備える。

電池残量が少なくなった際に動作や機能を一部制限し、より長く利用できる「長エネスイッチ」を搭載。省電力性能にすぐれるというIGZO液晶と合わせ、電池切れの心配なく使えるという。

そのほかの主な仕様は、OSは「Android 7.0」、メモリーは3GB、内蔵ストレージは16GB。IEEE 802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LAN、Bluetooth 4.2をサポート。バッテリー容量は2400mAh。

カラーはイエローグリーン、ブラック、ブルー、ピンク、ホワイトの5色。