29日、客の男性がトラに襲われて死亡する事故が起きた中国浙江省寧波市の雅戈爾動物園では約10年前にも類似事故が起きていた。

写真拡大

2017年1月29日、中国経営報によると、男性がトラに襲われて死亡する事故が起きた中国浙江省寧波市の雅戈爾動物園では約10年前にも類似事故が起きていた。

【その他の写真】

雅戈爾動物園で29日午後2時(日本時間同3時)過ぎ、トラが飼育されているエリアの柵を越えて中に入った男性がトラに襲われ、約2時間後に救出されたが病院で死亡が確認された。

地元当局によると、男性は妻と2人の子ども、知り合いの夫婦の計6人で動物園に来ていた。妻と子ども2人、知り合いの女性はチケットを購入したが、男性と知り合いの男性の2人はチケットを購入せず、高さ3メートルほどの壁をよじ登って園内に入り、さらにトラが放し飼いにされているエリアの高さ3メートルほどの柵を乗り越えて中に入り、トラに襲われたという。

雅戈爾動物園では2006年9月にも、若者4人がチケットを購入せずにライオンの飼育エリアに入り込む騒ぎを起こし、飼育員らが生きたニワトリを中に放り込むなどして4人を救出している。(翻訳・編集/柳川)