淵上泰史(右)&田中俊介(左)
 - (C) 2017「ダブルミンツ」製作委員会 (C) 中村明日美子/茜新社

写真拡大

 アニメ映画版のヒットも話題を呼んだボーイズラブ漫画「同級生」の作者として知られる中村明日美子が、犯罪と暴力の中で巻き起こる男たちの愛憎を描いた衝撃作「ダブルミンツ」が実写映画化される。キャストには淵上泰史、田中俊介(BOYS AND MEN)、須賀健太、川籠石駿平らイケメンたちがそろい、独特の世界観に挑む。

 中村原作の作品では初の実写映画化となる本作は、同じイチカワミツオという名前を持つ2人の男の物語。高校時代、主従関係にあった2人が時を経て再会する。その関係は次第に新しいものへと変わっていき、やがて取り返しのつかない犯罪の世界へ墜ちていく。監督・脚本は『下衆の愛』の内田英治が務める。

 主演は、本作が初主演作となる淵上(壱河光夫役)と、2016年日本レコード大賞新人賞を受賞した BOYS AND MEN の田中(市川光央役)。川籠石、須賀が高校時代の光夫と光央をそれぞれ演じる。ほか『アンチポルノ』主演で話題の冨手麻妙、高橋和也、小木茂光らが脇を固める。

 映画化について、原作者の中村は「正直実現は無理だろう」と当初は思っていたという。しかし、「キャスト様スタッフ様のご尽力でこうして形になることができました。ほとんど不可能だろうと思ったキャスティングも、思いがけず熱心で情熱を持った方々に演じていただいて、この作品は本当に幸運でした」と喜ぶ。

 原作を読んで「すぐさまこの作品を映画化したいと思った」という内田監督がメガホンを取り、内田と中村による2年に渡る脚本のやり取りを経て仕上がった同作。中村は、原作ファンも満足できる内容になったと太鼓判を押している。(編集部・小山美咲)

映画『ダブルミンツ』は初夏、シネ・リーブル池袋ほか全国公開