Appleは現地時間1月30日、iPhone7で撮影した写真を使った新しい広告キャンペーン「One Night on iPhone7」を、世界25か国で開始しました。

iPhone7の暗所撮影性能をアピール

One Night on iPhone7
 
iPhoneのカメラ性能を訴求する広告キャンペーン「iPhoneで撮影」が、iPhone7の暗所撮影能力をアピールする「One Night on iPhone7」として帰ってきました。
 
One Night on iPhone7
 
f/1.8の明るいレンズと光学手ぶれ補正機能の効果で暗いところでも美しく撮影できるiPhone7のカメラ性能と、プロの写真家たちの見事な構図が出会った作品には、引き込まれるような迫力があります。
 
One Night on iPhone7

犬ぞりで向かった氷の洞窟や、インドネシアの火山でも撮影

Appleは、公開した写真の撮影エピソードを公開しています。
 
こちらは、ルアリー・マクグリン氏が犬ぞりで撮影に向かった、アイスランドの氷の洞窟の写真です。
 
One Night on iPhone7
 
こちらは、アメリカ・シカゴ在住のルーベン・ウー氏が、インドネシアの火山まで行って撮影した作品です。
 
One Night on iPhone7
 
イーソン・シン氏が写した、台湾・台北市の夜の一コマです。
 
One Night on iPhone7

世界の夜を切り取った動画も公開!

夕焼けから朝焼けまで、写真家たちが切り取った夜の景色をまとめた、1分間の動画も公開されています。渋谷の光景も映っています。
 

 
今後、これらの写真はポスターや野外広告として、動画はテレビで、近いうちに目にするはずです。
 
 
Source:Apple
(hato)