【やってみろ】簡単そうで絶対できない人体の動作3選! できたらルフィも真っ青なゴム人間レベル!!

写真拡大

人間の体は素晴らしい。例えば、「歩く」という行為だけとっても、二足歩行ロボットは人間のように歩けない。現代の科学力をもってしても、慎重にバランスを取りながら歩行するので精一杯。何気ない動作の一つ一つが進化の過程でそなわった奇跡の結晶なのだ。

そんな私たちの体だが、実は簡単そうに見えて絶対できない動作が存在する。人体の構造上、どんなに頑張っても実現するのは不可能! 今回は、摩訶不思議な人体の仕組み3選をご紹介しよう。もしできたら、人間の限界を超越していると言って過言ではない。

・マジで不可能

絶対に不可能な動作と聞くと、ヨガのような柔軟性が問われるポーズを想像するかもしれない。だが、ご紹介するのは指を動かしたり、足を上げたりと単純な動きばかり。しかし、絶対できないと断言する! マジ中のマジで!!

・片足が上がらない

まずは、ちょっとした負荷をかけると片足が上がらなくなる不思議から。体は平衡感覚を保つため、体勢ごとに重心を移動させる。しかし、あることをするだけで重心が移動できなくなり、片足立ちができなくなるのだ。そのあることとは以下の通り。

1: まず、肩からつま先まで体の側面を壁に密着させる。あまり体と壁に隙間ができないようピッタリと密着させるのがポイント。

2: 次に、壁と密着した方の手を上げる。

──すると、これだけで外側の足が上がらなくなる。壁から離れない限り、絶対片足で立つのは不可能。また、同じように壁の正面に立ってくっついても踵が上がらない。な、なんで!?

・薬指が動かない

次は、指に関する不思議。これもある方法で机から薬指が離れなくなる。その方法がこれだ!

1: まず中指を曲げて机に手を置く。この時、中指以外の指は思いきり開いた状態にしよう。

2: 次に中指はそのままで、親指、人差し指、小指、薬指の順番で1本ずつ机から離してみる

──すると、どうだろう? 薬指だけ机から離れないはず。中指と薬指の神経が関係していることで起こるこの現象。どんなにトレーニングをしても絶対離れない!

・肘がアゴにつかない

最後は、どこでもすぐ試せる人体の不思議だ。ご存じの方も多いかもしれないが、肘の関節部分にアゴは絶対触れられない。いくら肘を固定して、アゴを近づけても不可能だ! 実際、私も試してみたが……
肘を曲げて、アゴに近づけてみるもムリ。どんなに頑張っても絶対くっつかない。
絶対、絶対、絶ッッッ対ムリ! ふんぬぅぅぅぅぅーーーーーー!!

──やっぱり無理だった。なお、無理にアゴを出すとアゴが外れそうになるので気をつけろ! どれも簡単そうに思えるが、私(りょう)は全て失敗に終わった。というか、どんなにバランス感覚が優れていたり、柔軟な人でも絶対不可能! もし、できたらマンガ『ONE PIECE』のルフィも真っ青なゴム人間だ!! よろしければ、時間がある時にでも試してほしい。

執筆:りょう
Photo:Rocketnews24.

画像をもっと見る