1
 
完成に向けて工事が進むAppleの新本社、Apple Campus 2の新作空撮映像が公開されました。駐車場などの施設は工事が終わり、多くの木々が植えられています。

着々と進むApple Campus 2建設工事

マシュー・ロバーツ氏が公開したApple Campus 2の空撮映像からは、約2週間前の状態から工事が進んだ様子が確認できます。
 
スペースシップ(宇宙船)とたとえられる新社屋の屋上は、ソーラーパネルの設置が進んでいます。ロバーツ氏は設置状況を全体の約70%とみており、前回の約65%から進行しています。
 

 
建物の屋上に、クレーンで物品を運び込む作業が進められています。
 

周囲の工事も終わった研究開発棟

研究開発棟の前は舗装工事が終わり、植木や芝生の緑が見えます。
 

 
研究開発棟の背後には、街灯の設置が完了しています。
 

多くの木々を植える工事が進行中

2棟構成の立体駐車場は完成しており、工事関係者が利用している様子が分かります。
 

 
約1,000人収容の地下講堂は、周囲の植栽工事が進んでいます。
 

 
敷地内のフィットネスセンターを取り囲む樹木をはじめ、空撮映像からは敷地内に多くの樹木が植えられていることが確認できます。
 

 
今年中ごろの本社機能移転を控え、着々と工事が進むApple Campus 2の最新空撮映像はこちらでご覧ください。
 

 
 
Source:YouTube
(hato)