柏U-17、PSGも撃破だ!5位で大会を終了、FW森は得点王も

写真拡大

カタールで行われているユース年代の国際大会、アルカス国際カップ。

日本から参加している柏レイソルU-17はバイエルンを下しながらもレアル・マドリーにPK戦の末敗れた。その後、順位決定トーナメントに進出するとPSVを下し、30日にはPSGとの5位決定戦に臨んだ。

20分、セットプレーからMFエマニュエル・アッターに先制ゴールを許すも…

後半に入ると柏が反撃を開始。

49分、DF吉田新の高速クロスにFW森海渡が合わせ同点とすると…

66分、FW堤健太が相手GKからボールを奪いゴールへ押し込むと、これが決勝点に!見事な逆転勝利で強豪PSGを下し、5位で大会を終えた。

U-18チームの監督で、この大会でチームを率いた永井俊太監督はこのようにコメント。柏は2年連続の5位となった。

なお、この試合でゴールをあげた森海渡はこれが大会4ゴール目。これはバイエルンFWフランク・ジュニオール・エヴィナとレアル・マドリーMFミゲル・バエザ・ペレスと並び得点ランキング首位タイである。

大会は3位決定戦(フランクフルト対レッドブル・ザルツブルク)と決勝戦(レアル・マドリー対アスパイア・アカデミー)を残すのみで、仮に得点ランキングの上位に動きがなければ森は得点王に輝くことになる。