Thunderbolt Displayの実質的な後継である「LG UltraFine 5K Display」に、Wi-Fiルーターが近くにあると異常な動作を起こす不具合が報告されています。

LG 5K Displayのみの不具合か

Wi-Fiルーターによる「LG UltraFine 5K Display」の動作問題は、複数ユーザーによって報告されており、ディスプレイがWi-Fiルーターの2m以内にあると、画面のチラつきや切断、フリーズなどが発生してしまうそうです。
 
原因は電磁気の干渉によるものだと考えられますが、先行して発売された「LG UltraFine 4K Display」など、他の外部モニターではこのような不具合は確認されていません。
 
lg ultrafine 5k display
 
ニュースサイト9to5Macが独自に調査を行った後、LGに問い合わせたところ、「モニターをルーターから離して使って下さい」とのそっけない返事が来たのみでしたが、実際にルーターをオフィスからリビングルームに移動したところ、ひとまず問題は解決したそうです。
 
5K Diaplayにこのような問題が発生することはLGも公式に認めていますが、解決を今後図ってくるかどうかは定かでありません。なお、同ディスプレイには以前、最新のmacOS10.12.3で解決したものの、クラムシェルモードで反応しない、輝度の調整ができないといった不具合も報告されていました。
 
 
Source:9to5Mac
(kihachi)