1月31日(火)に放送される「嘘の戦争」(毎週火曜夜9:00-9:54フジテレビ系)に出演するジュディ・オング/(C)カンテレ

写真拡大

1月31日(火)放送の草なぎ剛主演ドラマ「嘘の戦争」(毎週火曜夜9:00-9:54フジテレビ系)第4話に、ジュディ・オングが出演する。

【写真を見る】水原希子は、今回初共演したジュディ・オングのファンであったことを明かす/(C)カンテレ

前作の“復讐シリーズ”「銭の戦争」('15年フジテレビ系)で、草なぎと共演したジュディ・オング。今作では、草なぎ演じる浩一の新たなターゲットである代議士の四条綾子役で登場する。

四条は、浩一の家族が殺される少し前に起きたOL殺人事件で、二科興三(市村正親)に事件の“もみ消し”を依頼。その事実をつかんだ浩一が、占い師にふんした相棒のハルカ(水原希子)と協力して綾子とその息子の司(森岡豊)に近づいていく。

久しぶりに草なぎとの共演を果たしたジュディ・オングは「撮影はとっても楽しかったです。草なぎさんと会えた時はうれしくて抱き合っちゃいましたし、『大人になったわね〜』と言ってしまいました(笑)。

今回、私は草なぎさんに“だまされる”役ですからね。どこからが本気で、どこからがウソなのか、絶妙な芝居をされる草なぎさんの“ウソとだまし”を視聴者の皆様にも楽しんでいただきたいですね」とコメント。

また、今回共演シーンの多かった水原の印象については、「水原さんとはシェアするバックグラウンドが非常に多くて、撮影の合間にいろいろなお話をしました。語学のセンスもあるし、彼女は本当に素晴らしいです」と絶賛。

これを受けた水原も「元々大ファンでしたが、お目にかかる機会もなかったので共演できたことはとてもうれしかったです。実際お会いしたら、とても気さくな方。ジュディさんがいらっしゃるだけで周りが明るくなって、人間としての強さと愛情の深さを感じました。ジュディさんの目力は、今回演じられる役にもぴったりです!」と初共演を喜んだ。