蒼井優と阿部サダヲが最低な女と男に!
 - (C)2017映画「彼女がその名を知らない鳥たち」製作委員会

写真拡大

 女優の蒼井優が映画『彼女がその名を知らない鳥たち』で、妻子ある男と関係を持ち、情事に溺れていく「最低なヒロイン」役に挑戦していることが明らかになった。作家・沼田まほかるの “イヤミス”(読むとイヤな気持ちになるミステリー)を『凶悪』『日本で一番悪い奴ら』などの白石和彌監督が実写化する本作で蒼井は、「汚い男を追及」して演じたという阿部サダヲとのダブル主演を果たしている。

 イヤミス女王の1人である沼田の人気ミステリー小説を原作とした今作で蒼井が演じたのは、8年前に別れた男・黒崎のことが忘れられない女・十和子。自分勝手な彼女は15歳年上の陣冶(阿部)と暮らしているが、働きもせず彼の稼ぎでだらだらと生活を送っていた。そして陣冶のことを嫌悪している十和子は、家庭がある水島という男に黒崎の面影を感じて関係を持つことになる。

 そんな時、家に訪ねてきた刑事から「黒崎が行方不明」と知らされる十和子。これまで文句を言わず「十和子のためなら何でもできる」と言い続けていた陣治が、執拗に自分をつけ回していたことに気付いた十和子は、黒崎の失踪に陣治が関わっているのではないかと疑い、水島にも危険が及ぶのではないかと怯え始める……。

 十和子について「甘ったれた女性。共感は全くできない役だった」と明かす蒼井は、「ご覧になる方に自ら嫌われる勇気をどこまで持てるのか、試したいと思いました」とコメント。白石監督に初めて会った際には、「最低なヒロインですね」と伝えたそうだ。一方の阿部は、「食べ方が汚いとかタンが絡んだ咳をするとか、とにかく『汚い男』に見せるために監督と色々相談しました」と撮影を振り返る。同じ作品に出たことはあるが、一緒に演技をするのは初めてだったという蒼井について「すっごい迫力ありました(笑)。一緒にお芝居していて楽しかったです」と話している。(編集部・海江田宗)

映画『彼女がその名を知らない鳥たち』は2017年秋に全国公開