2015年のティーン・チョイス・アワードで吸血鬼の歯型を口に入れて登壇したニーナ・ドブレフ
 - Kevin Winter / Getty Images

写真拡大

 女優ニーナ・ドブレフが、もうすぐ終了する米テレビドラマ「ヴァンパイア・ダイアリーズ」に戻ってくることをInstagramで発表した。

 主役の1人エレーナを演じていた彼女は第6シーズンで降板。シリーズの終了で戻ってきてくれることを望んでいたファンの声が届いたようだ。ニーナは台本の写真を投稿し「昔の写真じゃないわよ」とコメント。よく見ると、台本のカバーにはシリーズフィナーレとなる第8シーズン第16エピソードと記載されている。

 米CW局の社長マーク・ペドウィッツがニーナと出演交渉中であることを明かし、先月のテレビ批評家協会(TCA)のプレスツアーでは「最高のフィナーレになる」と語っていたため、ファンの期待は高まっていた。

 Deadlineなどによると、クリエイターの一人ジュリー・プレックは「ニーナが戻り、手伝ってくれるおかげで思い描いていた通りに番組を終わらせることができて興奮しています」とコメント。もう一人のクリエイター、ケヴィン・ウィリアムソンも「お別れのエピソードが最高のものになるよう、ニーナが戻ってきてくれたことがうれしくてたまりません」と語っている。(澤田理沙)