29日、中国メディア・雲南網によると、このほど雲南省の高速道路で、奇抜な青年が現れ警察に補導された。資料写真。

写真拡大

2017年1月29日、中国メディア・雲南網によると、このほど雲南省の高速道路で、奇抜な青年が現れ警察に補導された。

今月26日夕方に、高速道路をパトロール中の警官は、おしゃれなヘアスタイルの青年を発見した。青年は左手に爆竹、右手に自撮り棒を持ち、ローラースケートで高速道路を滑走していた。隣では車が走行しており、危険と判断した警官はすぐに青年を呼び止めた。

青年は18歳で、同省昆明市で仕事をしており、帰省するために高速道路に乗った。普段から友人とローラースケートをすることが多く、技術には自信があったという。そして、料金所のスタッフの目を盗み高速道路に進入した。

警官が近くの出口まで連れて行く最中に、青年はチャットアプリで友人にパトカーに乗っているとメッセージを送るほどの余裕もあり、スマホには高速道路で滑走する際に撮った写真が多く保存されていた。警官は危険行為を厳しく注意し、その後公共の交通機関乗り場まで送った。青年は警官におきゅうを据えられ反省したのか、二度と同じような危険行為はしないと約束したという。(翻訳・編集/内山)