29日、芸能界に関わる著名人の家庭内騒動で、2016年に最も多く検索されたのは、マカオのカジノ王とモデルの不倫報道だった。写真はアルビン・チャウ氏とMandy Lieu。

写真拡大

2017年1月29日、芸能界に関わる著名人の家庭内騒動で、2016年に最も多く検索されたのは、マカオのカジノ王とモデルの不倫報道だった。中国時報が伝えた。

【その他の写真】

16年もさまざまな芸能ニュースが世間を騒がせたが、中国時報が発表した「最も検索された家庭内騒動」で1位に輝いたのは、マカオの実業家でカジノ王のアルビン・チャウ(周[火卓]華)氏と、香港のモデル・Mandy Lieu(劉碧麗)との不倫報道だった。

妻子のあるチャウ氏と、Mandy Lieuの不倫交際が明るみになったのは15年のこと。同年5月、妻とMandy Lieuが10日違いでそれぞれ女児を出産し、世間を驚かせた。16年にはチャウ氏が公の場で妻への愛を誓ったり、英国にいるMandy Lieuの元へ飛んだりと、どっちつかずの行動を繰り返し、「韓流ドラマよりドロドロ」と注目された。

2位に選ばれたのは、香港の富豪実業家ジョセフ・ラウ(劉鑾雄)氏と、長年交際関係にあった元芸能記者の陳凱韻(チャン・ホイワン)さんとの電撃婚だった。ラウ氏は実業家女性と約15年間のパートナー関係にあったが、その間にチャンさんとも交際し、2人の女性はそれぞれ10年と08年に子どもを出産。ラウ氏は昨年11月、パートナーとはすでに破局していることを発表したのち、チャンさんとの入籍も明らかに。チャンさんを「最後の女」と語ったことも話題になった。

3位は中国の人気俳優ワン・バオチアン(王宝強)の離婚騒動だった。ワン・バオチアンは昨年8月、自身のマネジャーと妻が不倫関係にあると告発。しかもマネジャーの妻も、その関係に気付いていたことを明らかにし、世間を驚かせた。当時開催中だったリオ五輪そっちのけで、中国メディアは連日トップニュースとして報道。ワン・バオチアンは現在も、子どもの養育権と財産分与を巡って係争中だ。(翻訳・編集/Mathilda)