ふっくら手編み機で編み上げる、ニット魅力を再発見できる「AND WOOL」のストール

写真拡大 (全4枚)

ニットの魅力をもっと伝えられるように、と「everlasting sprout」のデザイナー村松啓市さんが新たな活動として昨年スタートした「AND WOOL」では、毎日がちょっと楽しくなるニットのある暮らしを提案しています。
手作業で編み上げられるこだわりストール
人気のニットブランドeverlasting sproutでは、うっかりひっかけてしまった時に修理をしてくれるなど、ニットを大切に着て欲しいとのサービスも行われています。それは、すこしでも多くの人にニットを楽しんでもらいたいという想いがあるからです。
そんな想いからスタートしたAND WOOLは、生産者とニット製品を実際に着る私たちをつなぐ架け橋的な存在。自分で編むなら最も合う糸を選んでくれたりといろいろ教えてもらえ、まるで既製品のようなクオリティーの仕上がりに。簡単ですてきに見えるようにアドバイスもしてくれます。

もちろん、ニット製品もあり、プロのスタッフが手作業で仕上げてくれるストールが、この寒い時期にはおすすめです。昔ながらの手編み機で、ひとつひとつ編み上げるので、一般的なコンピューター制御で編み上げられるニット製品と違い、程よく空気を含み、編み目がつぶれずふっくら仕上がるので、よりあたたかさを感じられそう。
ニットの魅力を最大限に活かす

ストール 23,760円(税込)

ニット製品は世の中に多数ありますが、誰もが手に取った時に、その風合いに驚くというこのストール。それは、どこにも継ぎ目がないように編み上げる技術を駆使し、でき上がった製品に手作業で仕上げ加工を行っているからだそう。糸が高級なのももちろんですが、この最後の仕上げの工程でカシミヤは大きく風合いが変わるそうですよ。ぐるぐる首元に巻いても、長く垂らしても、ふんわり感があり、見ているだけでもあたたかそう。

ネックウォーマー 10,800円(税込)

カラーは、ベーシックな3色展開で、パートナーといっしょにも使えそうです。同じ素材のネックウォーマーもあり、巻き方を考えなくてよく、歩いているときにほどけてきたりしないので、男性に人気だそう。バレンタインのギフトにもぴったりですね。ちなみに、オーダーしてから編み上げてくれるので仕上がるまでに1〜2週間かかるそうですが、バレンタインまでにとオーダーすると可能な限りスタッフががんばってくれるそう。
静岡にあるAND WOOLまで行けるなら、自分で編むこともできるので、思い切ってチャレンジすると、よりニットの魅力が身近に感じられるかもしれませんね。
[AND WOOL]