ハリウッド映画の声優に初挑戦する長澤まさみ (C) Universal Studios.

写真拡大

内村光良が主人公でコアラのバスター・ムーン役の吹き替えを行うことも話題のアニメーション映画『SING/シング』。この作品の豪華吹き替え声優陣第2弾が発表となり、日本語吹き替え動画2本が解禁となった。

この記事(『SING/シング』吹替声優第2弾発表)のその他の写真

本作は、『ミニオンズ』に『ペット』と、立て続けに大ヒット作を生み出しているユニバーサル・スタジオ×イルミネーション・エンターテインメントが贈る最新アニメ映画。動物だけが暮らす、どこか人間世界と似た世界を舞台に、取り壊し寸前の劇場支配人バスター・ムーンが、名劇場と呼ばれた過去の栄光を取り戻すため、一世一代のオーディションを開催するというストーリー。

発表となったのは長澤まさみ、「トレンディエンジェル」の斎藤司、「スキマスイッチ」の大橋卓弥、大地真央らをはじめ、声優陣からは山寺宏一、坂本真綾、田中真弓、宮野真守、谷山紀章、水樹奈々の10人。

長澤が演じるのは、自分の歌声を信じオーディションを受けに来たロックミュージシャンのヤマアラシのアッシュ役。ハリウッド映画の声優初挑戦で、字幕版ではオスカー女優のスカーレット・ヨハンソンが歌う本作のオリジナルソング「セット・イット・オール・フリー」の歌唱アフレコにも挑戦!

歌ウマでいい声芸人として話題のトレエン斎藤が扮するのは、ダンスと歌の名手でブタのグンター役。ハリウッド映画の声優初挑戦で、レディー・ガガの代表曲「バッド・ロマンス」などを歌い、「スキマスイッチ」の大橋は、隠れた才能を持ち、バラ―ドを歌ったら右に出るものはいないゴリラのジョニー役を演じ、サム・スミスの名曲「ステイ・ウィズ・ミー」などの歌唱に挑戦。女優の大地真央もハリウッドのアニメ映画の声優初挑戦で、かつての栄光の時代に人気を博した歌姫ナナ役に扮する。

さらに声優界からは、山寺宏一がフランク・シナトラのようなムーディボイスが強みのジャズミュージシャンで、お金、権力、派手なものが好きという性格から、とんでもないトラブルを引き寄せてしまうネズミのマイク役。劇中ではシナトラの名曲「マイ・ウェイ」などを熱唱。

坂本はリース・ウィザースプーン扮するブタのロジータ役の声を演じ、テイラー・スウィフトの「シェイク・イット・オフ」を熱唱。田中は内村演じる劇場支配人バスター・ムーンの秘書ミス・クローリー役。宮野真守がバスターの大親友で、アドバイザーのような存在である羊のエディの声を演じ、水樹はアッシュと同じヤマアラシのベティ役として参加。谷山紀章は、長澤演じるアッシュの相方であるヤマアラシのランス役の声を演じるのみならず、本作オリジナルソングを披露している。

本作は世界約60ヵ国で公開され、すべての国で英語のセリフや歌に字幕を入れて上映しているが、日本では、字幕版と日本語版を同時に多数公開することから、世界で唯一セリフに加えて、一部を除く全ての楽曲を吹き替えることを特別に許諾された。

今回、アッシュ役の声を演じる長澤は「この映画は世代を超えて名曲やヒット曲がたくさん盛り込まれているので、世代を超えて楽しめるところが魅力の一つです。アッシュ自身が自分の殻を破って曲を作り上げるという内容になっているので、それに自分も気持ちが乗れたかなと思いました。たくさんのキャラクターの想いがつまっていて、そして一生懸命前に突き進んでいく姿を、たくさんの楽曲とともに笑いながら楽しんでもらえたらと思います」とのコメントを寄せている。

『SING/シング』は3月17日より全国公開となる。