アニメ「ガヴリールドロップアウト」の第4話『いざ夏休み』より、先行カットとあらすじを紹介!!/(C)2016 うかみ/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/ガヴリールドロップアウト製作委員会

写真拡大

AT-Xより順次放送中のアニメ「ガヴリールドロップアウト」の第4話『いざ夏休み』より、先行カットとあらすじを紹介する。

【写真を見る】第4話では、ヴィーネが夏休みに海へ行くと言い、サターニャも参加したいそぶりを見せる。ヴィーネがサターニャを誘う前に、ガヴリールらはサターニャにある言葉を告げる/(C)2016 うかみ/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/ガヴリールドロップアウト製作委員会

本作は、エリート天使が一転、人間界で駄目天使となったガヴリール(CV.富田美憂)と仲間たちとの日常を描くスクールコメディー。天使学校を首席で卒業したガヴリールは、全ての人類を幸せにするという目標を持って人間界を訪れる。だが、ガヴリールは人間界の娯楽に魅了され、人間界で暮らす悪魔や天使を巻き込んで自堕落な生活を送る。

【第4話『いざ夏休み』】

露骨に「暇だ」と周囲にアピールをし続けるサターニャは、ヴィーネが言い出した夏休みに海へ行く話を聞いて、自分も参加したい様子。それを見たヴィーネはサターニャも誘おうとするのですが、その前にラフィエルとガヴリールが、交互にサターニャの元に向かい告げた言葉は…。果たして、サターニャはみんなと一緒に海に行く事ができるのでしょうか?

なおTOKYO MXでは、第4話は1月30日(月)深夜0時より放送となっている。