「自分的には手応えのあったデートだったのに、あれ以来デートに誘われない……」と、一回目のデートで討ち死にした経験のある女子もいるでしょう。
男子だって「また会いたい!」と思えば再度デートに誘います。二回目のデートが幻になる女子は、きっと一回目のデートでこんなことをしているからです。

元カレを引きずっている感がある

デートのときに「むかし元カレと◯◯にデートに行ったんだけどさ〜」と元カレと行ったデートスポットの話をしたり、「このネックレス? あー……元カレにもらったの。モノに罪はないかなともっていまだに使ってる」など元カレからもらったアクセサリーを身につけていると、残念ですが、また会いたいとは思わないです……。
男子が元カレを引きずってる女子を口説くのは、本気で惚れた場合のみ。それ以外は「元カレが好きなのか……やっぱり口説くのや〜めた!」となりやすいので二回目のデートはないです。

「奢ってもらって当然」な態度を感じられた

男子と食事デートのお会計の際、どうしてますか? 「いくら?」と財布を出して自分も払う姿勢を見せているか、「ありがとう! ごちそうさまです」と奢ってもらって当然な態度をとっているかで二回目のデートが決まる場合もあります。
正直最初から奢られる気満々な女子は図々しく思え、恋愛対象から外れやすいです。となれば、普通に考えて二回目のデートはないですよね……。奢ってもらいたい気持ちがあっても悟られてはダメです(え?)。

「今日はありがとう」のLINEが淡白……

デートのあとのLINEも二回目のデートにつなげるには重要です。「今日はありがとうございました! ◯◯さんと話せてホント楽しかったです! また食事いきましょうね」なんてLINEがきたら男子だって「おっ! もしかして脈あり!?」と期待し誘いたくもなりますが、「今日はありがとうございました。おやすみなさい」と淡白なLINEがきたら「つまらなかったかな? 脈なしなのかな……?」と自分から誘いたくても誘えなくなります。

スマホや時計に気をとられている

デート中、終始スマホに気をとられ、ちょこちょこスマホをいじったり、「今何時かな?」と腕時計をみたりすると、男子は「デートつまらないって誰かに連絡してんのかな?」「もう帰りたいのかな?」とマイナスなことを考えます。あなた的に楽しく過ごしているつもりでも、スマホ、腕時計のチェックのせいで相手につまらないととられてしまうことも。そうなるとプライドの高い男子は、心が折れて二度とデートにさそいません……。