Inc. : 世界中のトップ経営者とビジネスリーダーをネットワークで結ぶYPO(Young Presidents' Organization)のメンバーであるKelly氏は、職場の健康と生産性を向上させるビジネスに携わっています。

Kelly氏は、健康的なオフィス生活をおくるために最も重要だと思われることを以下の5項目に分類して私に話してくれました。

肉体の健康食生活と栄養精神活動免疫力と病気の予防人間関係と人とのつながり

Kelly氏が推奨するオフィス生活を高めるコツは以下の通りです。


からだの健康


20170204_office_health_2.jpg


1.座るのをやめる


「座ることは私たち世代には喫煙と同じぐらい有害です」と彼は力説しています。

「平均的な人は、1日の睡眠時間が7.7時間であるのに対して、座って過ごす時間は9.3時間です。これは、心身の健康に大損害を与えています。たった1時間座っただけで、脂肪を燃焼する酵素の生成が90%も減少します。」

Kelly氏は、従来のオフィスの椅子をスタンディングデスクに変えることを推奨しています。そこまで長く立っていられないという人は、正しい姿勢を保てるように人間工学に基づいて作られた椅子を試してみましょう。

彼は、立ったまま会議をすることも推奨しています。「会議の出席者は、当事者意識が高まり、やる気が出て、さらに良いことには、時間の無駄が減ります。」


2.会議や電話は歩きながらする


PCのスクリーンに向き合う必要のない会議は、散歩して新鮮な空気を吸うチャンスです。

「特に、一対一のミーティングの場合は、並んで歩きながらオープンに問題を話し合えますし、お互いに前向きな気持ちになれます。」

Kelly氏は、歩きながらの会議はそれほど挑戦的にならず、心を開いて協力的な気分になれると思っています。

さらに、カロリーを燃焼して血中酸素を増加させるという利点もあります。電話も歩きながらかけると、創造性が解き放たれて、気持ちがダイナミックでポジティブな状態になります。


3.同僚と一緒にスポーツをする


一緒にエクササイズすると絆が深まり、同僚への理解が深まります。

仕事を始める前、ランチタイム、1日の終わり、どのタイミングでもいいので、やってみましょう。大切なのは、めったに一緒にいられない人たちと一緒になって行うという点です。

「ほとんどの同僚には、1日の終わりにすると一番継続しやすいことがわかりました」とKelly氏はアドバイスしています。


4.仕事中に3分間の運動を取り入れる


3分程度の短い休憩を取り入れると、代謝やエネルギーや前向きな気持ちを促進します。

「エクササイズ・バンドや縄跳びの縄をオフィスに持ってきましょう。スクワット、腕立て伏せのようなトレーニングもおすすめです。短時間の運動で1日中元気が出てストレスが軽減されますし、ごく短時間なので汗だくになることも、同僚の邪魔になることもありません。」


5.ストレッチと感情の解放


怒っていると、肩や背中の上部や首が凝ってきます。不安を抱いていると一般的にみぞおちに違和感が出ます。

「こうした感情を認めて、しっかり感じてから、簡単なストレッチや深呼吸をして解放しましょう。人間なら感じて当たり前の感情を感じるのは悪いことではありません。問題は、それを自分の中に長くためておくことです。」


食生活と栄養


20170204_office_health_3.jpg


6.ランチは計画的に


前日に、あるいは週の始めならさらに良いのですが、計画的にお弁当を用意しましょう。

「外食するときは、何となく選ぶのではなく、何を注文するかしっかり考えて決めるだけでも、ヘルシー度の高い食事をすることになります。」


7.ランチミーティングを朝食会に変える


こうすれば、ミーティングが中断されることも減り、生産性が高まるだけでなく、朝食なら誰でもヘルシーなものを選びやすくなります。ランチだとつい好きなものを選んでしまうので、こうはいきません。

「ヘルシーな脂肪が豊富で低糖質の朝食にすることで、終日バランスのとれたエネルギーを維持できるように精をつけてください。」


8.炭酸飲料とジャンクフードを制限する


「ヘルシーなスナックや健康に良い食品を手軽に食べられるようにしましょう。そうすれば、生産性が高まりますし、エネルギー不足で思考停止になることもありません。ヘルシーなスナックはデスクに常備しておくようにしましょう。」


9.ランチで野菜とたんぱく質と脂質をたくさん摂る


「もちろん炭水化物を食べてもいいですが、ほんの少しにしておくことをおすすめしますし、サツマイモ、豆類、レンズ豆など、複合的な性質のもので摂取した方が良いでしょう。

お昼に炭水化物をたくさん摂取すると、頭の回転が遅くなり午後の仕事を始めたとたんに眠くなります。野菜たっぷりのサラダ、ヘルシーな脂質、脂肪分の少ないたんぱく質を選び、午後は絶好調に過ごしましょう。


10.夕食と就寝の間に十分時間を取る


「これは一見オフィスのコツではないように見えますが、実は関係があります。」とKelly氏は主張します。

「夕食と就寝の間は最低2.5時間は空けるべきです。そうしないと、睡眠に支障が出て翌朝は不調になります。」

何時にオフィスを出るか計画を立てて、それを守りましょう。帰宅時間が決まっていると、オフィスでの仕事の仕方もできる限り効率的になります。


精神活動


20170204_office_health_4.jpg


11.携帯電話を遠ざける


Kelly氏によれば、現代の私たちが扱う最悪のドラッグは携帯電話やソーシャルメディアなどの「気が散る元」です。

「携帯電話は一番の重罪です。私たちは携帯電話の画面に文字通り中毒になっており、これは思っている以上の害があります。」

電話の通知機能をオフにして、デスクに置くときは画面を上にしないようにしましょう。もっと良いのは、デスクの引き出しにしまうことです。携帯は予め決めた時間にだけチェックしてください。会議には絶対に持ち込まないことです。

携帯電話をちょくちょくチェックし続けることほど「あなたや会議の内容に興味はありません。」というメッセージになるものはありません。


12.ソーシャルメディアへのアクセスは計画的に


ソーシャルメディアを見たい衝動に駆られると、人生にポジティブな影響を与える有意義な仕事が中断されるだけでなく、ほとんどの人は気分が良くなるよりむしろ悪くなりがちです。


13.感謝して生きる


「今この瞬間、あなたは何を感謝していますか?リマインダーをセットして、考えてみましょう。失業しないで雇用されていることでしょうか。太陽が出ていて天気が良いことでしょうか。五感が満足に機能していることでしょうか。髪が風に吹かれる感覚でしょうか。子どもがいることでしょうか。感謝の対象が何であれ、純粋に感謝してみましょう。」

Kelly氏は、感謝の念に集中していると怒りや恐れを抱くことはあり得ないと思っています。どんな感情も人間なら感じて当たり前ですが、感情に振り回されてはいけません。自分の感情をチェックすることでコントロールしましょう。


14.頭を真っ白にして5分間瞑想する


禅の師匠になる必要はありません。たった5分間の瞑想でエネルギーも精神の安定度も高くなり、周囲をもっと効率的に扱えるようになります。

携帯電話に瞑想アプリをダウンロードして、シンプルな呼吸やストレッチの手ほどきを受けましょう。


15.目標達成度をトラッキングする


誰にとっても健康的とは言えない燃え尽き症候群。たいていは、生活の中で1つのことにだけ集中し過ぎることが原因です。その間に、他のことは手薄になっています。

「これを防止するには、デスクに私生活の目標のリマインダーを日常的に目につくように置くことです。私生活の目標を達成すると、自己評価が高くなり、より良い生活をするようになります。その結果、オフィスの生活向上につながります。


免疫力と病気の予防


20170204_office_health_5.jpg


16.カフェインの取り方を見直す


朝のコーヒーには砂糖の代わりにココナッツオイルかMTCオイル(中鎖脂肪酸トリグリセリド油)を入れましょう。どちらも集中力と精神力を高める脳の活性剤です。

午後は2杯目のコーヒーを飲みたくなったら、代わりに緑茶か水にしてください。緑茶はコーヒーより脱水効果が低く、コーヒーには含まれない抗酸化物質を含んでいます。


17.意識的に水分補給する


「私はデスクに24オンス(680cc)の水のボトルを置いて毎日少なくとも3回は飲み干すことを目標にしています。」水分補給以上に健康に大切なものはほとんどありません。

これで食べすぎも防げます(食べすぎは脱水が原因であることが多いです)。Kelly氏は自分自身とのゲームにすることをおすすめしています。

「私は90分ごとか、あるいは立ち上がって少し歩き回る必要があるたびにウォータークーラーに行き、気分をリフレッシュさせて次の作業に集中できるようにしています。」


18.病原菌の感染と闘う


「手は必ず30秒間洗うようにしましょう。扉を開けるときはできたらペーパータオルを使ってください。他人も触るハンドルやドアノブに触らなければならないときは、後で必ず手を洗いましょう。」


19.オフィスでは食べ物の入った袋の口を開放しない


食べ物が痛むだけでなく、細菌の温床になります。


20.免疫力を高めるサプリをデスクに常備する


「私は、どうも体調が悪くなりそうだと感じたら、ビタミンC、エルリジン、アストラガルス、リンゴ酢、グレープフルーツ種子エキス、亜鉛などを含有する免疫力強化サプリをのみます。」

自分の体調に注意して異変に早く気付けば、病気になる前にずいぶん効果的に対処できます。


人間関係と人とのつながり


21.周囲の人たちを味方だと思って見る


Kelly氏はポジティブなアプローチが良いと信じています。世の中も自分の周りにいる人たちもみんなが自分に好意的だと思うと、本当にそうなってびっくりするかもしれません。

人も世の中もこちらがネガティブな期待しかしていないと見事なまでにそれに応じた対応しかしてくれません。それとは逆に、「もしかしたらこれって悪意?」と思われることも良い方に解釈して自分の人間関係の質や周囲の人たちのポジティブな言動を意識してみると、どんどん巡り合わせが良くなります。


22.ランチはデスクから離れて取る


昼休みは他人との人間関係を深めるために活用しましょう。Kelly氏によれば、仕事の満足感は職場の同僚との良好な人間関係と直接的な相関関係があります。

「ランチタイムは友情を築く時間として活用しましょう。そのときは、仕事の話は禁物です。もっと個人的なことを話題にして、相手が社内外でしていることに興味があることを示しましょう。」


23.オフィスを歩き回って同僚と交流する


Kelly氏は1日1度は、同僚たちのところに行って交流することをおすすめしています。

「ちょっと挨拶するだけでいいのです。こちらが相手のことを気にかけていることを示しましょう。自分の気分が良くなるだけでなく、人間関係が向上します。もちろん人の仕事を中断しないように注意する必要がありますが、相手が今どの程度集中しているかチェックしながら話しかける人を選べば良いのです。」


24.周りの人の素敵な点を見つける


「これはとてもシンプルにして効果的です。」とKelly氏は熱く語っています。

週に1度はオフィスで身近にいる人に手書きのメモを書いて、その人がした何か良いことを褒めましょう。このように価値を認めてあげると、与える側も受け取る側もセロトニンの分泌が促されて、相互の尊重と信頼感が高まります。


25.自分を愛する


「世の中をどう見ているかで、その人がどういう人かがわかります。自分の価値を認められない人は他人の価値も認められないでしょう。自分のことも周囲の人たちのことも大事にすることこそ、幸福で充実した人生を送る第一のコツですから、毎日忘れずに心がけましょう。


25 Ways You Can Make Your Life Healthier in the Office | Inc.com

Kevin Daum(訳:春野ユリ)
Photo by PIXTA.