どれだけ使い回されても、地味過ぎて意識しないレベル。

実はSFやアクション映画の予告編で、ここぞという場面に流れる効果音がどれもこれもソックリだったって、お気付きの方はおられますでしょうか?

何だか未来のメカがモーターを起動しているような、重低音の「ブゥーーーン」サウンド。さまざまな映画の予告編からこの音だけをまとめた動画を見れば、ナルホド納得かと思います。



こちらはio9が取り上げたCinemaRavenの動画でした。

2017年公開予定の予告編のみを集めても、すでにこのボリューム。各映画によって音の高低や長短の違いがありますが、これほど多くの映像に「ブゥーーーン」サウンドが使われているんですね。

勝手な印象ですが、日本のマンガで「ドーーーーン!」と描かれる擬音語を大人っぽくした感じか、はたまたマイケル・ベイ監督が、ドルビーデジタルでイビキをかいている感じでしょうか?

劇場に座っていると、サブウーファーが振動で「ここ大事!」って教えてくれる箇所で響くわけですが、面白いことに低予算映画ではなく大作映画がこれを使う傾向にあるのです。

今後は皆さんも、この効果音に耳を澄ましてみてはいかがでしょうか? 「ブゥーーーン」。

・マイケル・ベイがトランプ大統領をテーマにした映画を製作?

image: YouTube
source: YouTube

Evan Narcisse - Gizmodo io9[原文]
(岡本玄介)