マセラティ ジャパンが、「ギブリ」に先進運転支援システムや新型インフォテインメントシステムに関する改良を実施。モデルラインナップと価格は以下の通り。

 

ギブリ:925万円
ギブリ ディーゼル:943万円
ギブリS:1082万円
ギブリSQ4:1164万円

 

オプション装備も一層充実

 

ダッシュボードのセンターパネルには、8.4インチのタッチコントロール式高解像度ディスプレイを組み合わせた新しいインフォテインメントシステムを採用。Apple CarPlayやAndroid Autoに対応しているほか、オーディオのボリュームをはじめとする各種機能を操作できるダイヤル式のロータリー・コントロールが備わった。

 

また、ストップ&ゴー機能付きのアダプティブ・クルーズ・コントロールや、車両が意図せずに車線を越えた場合にドライバーに警告するレーン・デパーチャー・ワーニング、ブラインド・スポット・アラートといった先進安全技術を採用し、ギブリSとギブリSQ4に標準装備(その他のグレードはオプション)した。そのほか、サラウンド・ビュー・モニターを全車にオプション設定している。

 

さらに新型では、エクステリアのフル・カーボン・キットやスポーツ・ステアリング、スポーツ・シートといったアイテムがオプションとしてラインナップされ、選択の幅が広がっている。