元『ヴィクトリアズ・シークレット』の看板エンジェルで、世界的に有名なスーパーモデル、ミランダ・カー。『ロード・オブ・ザ・リング』で一躍人気となった俳優、オーランド・ブルームと2010年に結婚し、翌年には第1子となるフリン君を出産。3年後に破局してしまったものの、友好的な関係を保ち続け、息子を2人で育ててきたミランダとオーランド。

あのビッグカップルが離婚してからもうすぐ4年。息子のフリン君はというと、もう6歳にもなるイケメン少年に成長…♡

元夫のオーランドは、人気シンガーのケイティ・ペリーと交際中で、年越しに2人で日本に来日したことでも話題になったばかり。

そんなミランダ、現地時間の先週金曜日にロサンゼルスで開かれた『ハーパーズ バザー』のパーティーに出席。

<ピープル誌>によると、離婚後のオーランドとの関係について、このようにコメント。

オーランドとは本当に家族みたい。私にとって彼は兄のような存在かしら♡

「不思議だけど、お互いがお互いを大切に思っていて、とても良い関係が築けているの。本当にラッキーだと感じているわ」

と続け、また、オーランドとケイティ、フリン君の関係について聞かれた際、ミランダは

「とても仲良しよ。息子のフリンもケイティになじんでくれているし♡」

と伝えた。

幸せオーラで輝くミランダ、実は今話題の<Snapchat>のCEOで7歳年下の恋人エヴァン・スピーゲルと婚約中♡

I said yes!!! ❤️😍❤️😍❤️

A photo posted by Miranda (@mirandakerr) on

ミランダは、自身のinstagramでエヴァンからプロポーズを告白♡ そんなハッピーな彼女を元夫のオーランドも祝福してくれているのだとか。

「私たちはモダンな家族なのよ♡」とコメントするミランダ。トップモデルとしてだけではなく、実業家として、そして子供の母親としても、活躍し続けられるのはプライベートでの良い関係作りができているからなのかも…♡