会見に登場した磯村勇斗(左)、竜星涼(右)

写真拡大

 有村架純がヒロインを務め、4月よりスタートするNHK連続テレビ小説「ひよっこ」【東京編】の出演者が新たに発表され、「獣電戦隊キョウリュウジャー」の竜星涼、「仮面ライダーゴースト」の磯村勇斗が出演することが明らかになった。近年、松坂桃李や福士蒼汰といった特撮ヒーロー出身の俳優が朝ドラ出演で大きなステップアップを果たしており、本作の二人のブレイクにも期待が高まる。

 連続テレビ小説96作目となる「ひよっこ」の物語は、東京オリンピックが開催された1964年から始まる。高度成長期のまっただ中、茨城から集団就職で上京した「金の卵」(若年労働者)のヒロイン・みね子(有村)が工場や、洋食屋の人たちとふれ合いながら成長していくさまを描き出す。

 この度出演が発表された竜星は、みね子の父親探しを手伝う心優しい警察官・正義役。磯村は、みね子が勤めることになった洋食屋で共に働く見習いコック・秀俊を演じる。二人は共に、「スーパー戦隊」シリーズ、「仮面ライダー」シリーズという特撮モノ出身。現在、人気若手俳優の筆頭と言える松坂は朝ドラ「梅ちゃん先生」(2012)、福士は「あまちゃん」(2013)で全国的な知名度を獲得したが、それぞれ「侍戦隊シンケンジャー」「仮面ライダーフォーゼ」という特撮ヒーロー経験者だ。同じように竜星と磯村も、特撮シリーズからの朝ドラ出演でブレイクの波に乗れるか、注目される。

 そんな二人は、渋谷のNHK放送センターで行われた会見に登壇。磯村が「本当にこの場に立たせてもらえることが幸せ。全力で、作品を通して、料理の腕も自分も成長できたらと思います」と意気込むと、竜星も「この場に立てることが誇り。亡くなったおばあちゃんが唯一観ていたドラマがNHKの朝ドラだった。生きているうちに観せることはできなかったが、絶対に(天国から)観てくれると思います」と誇らしげな顔を見せた。

 正義(竜星)や秀俊(磯村)と、ヒロインの恋の可能性はあるのか。菓子浩チーフプロデューサーによると、最後に誰と結ばれるのかはまだわからないといい、「竜星くんが演じる警察官がみね子の父探しを手伝うので、そこから恋に発展するのか。もしくは磯村くん演じる秀俊はコックの下積みなのですが、工場がつぶれたみね子と一緒に働くようになってからは仲間としてぶつかったり、助けてもらったり、お互いの気持ちがわかったり……でもそれが恋に発展するのかはまだわかりません」と説明。今後の追加キャラクターとの恋や、誰とも結ばれないという選択肢もあるというが、ヒロインのお相手に選ばれれば自ずと世間の目もそそがれるだけに、恋の行方も気になるところだ。(取材・文:壬生智裕)