「1FLOOR 新築二世」(LIXILの発表資料より)

写真拡大

 LIXILは30日、同社が提供している住宅リフォームプラン『1棟まるごと全面リフォーム「新築二世」』に、新たに「1FLOOR 新築二世」を加え、2月1日より販売開始すると発表した。

 LIXILは、国内最大規模の506店舗(2017年1月30日時点)が加盟するリフォームフランチャイズチェーン「LIXILリフォームショップ」を展開。『1棟まるごと全面リフォーム「新築二世」』は、子どもが独立した後の夫婦二人での機能的で暮らしやすい住宅を提供する全面リフォーム(リノベーション)プランとして、FC全体で年間1,000棟以上の販売実績を持つという。

 「1FLOOR 新築二世」は、1階部分に日常の生活機能を集中させ、さらに断熱性や、生活導線、最新の設備などを導入することで、1棟全体のリフォームに比べて工事費、工事期間を抑えつつ、より快適な暮らしを実現させる新しい発想のリノベーションプラン。特に工事費は、2階部分もリフォームした場合に比べ、約400万円〜約500万円程度費用を抑えることができ、さらに工事期間も約2/3の期間で行えるため、工事期間中の仮住まいなどストレスを軽減することが可能という。

 「新築二世」の特長でもある、暮らしに合わせた選びやすい3つパッケージプランも用意し、リノベーション費用もわかりやすくし、こだわりたい部分のオプションも豊富に取り揃えた。パッケージは、分散した生活空間を1フロアにまとめて二人が自然体で暮らせる家にする「プラン1」、無駄が多い生活動線を改善してのびのび健康的に暮らせる家にする「プラン2」、訪れた子供家族や仲間たちと心から楽しめるもてなしの空間とする「プラン3」の3つ。