写真提供:マイナビニュース

写真拡大

小泉成器は30日、アナログレコードとCD、FMラジオが再生でき、レコードとCDの再生音源をUSBメモリに保存できる多機能型レコードプレイヤー「マルチレコードプレーヤー SAD-9801」を発表した。発売日は2月1日。価格はオープンで、店頭予想価格は15,000円前後。

アナログレコード用ターンテーブル、CDプレイヤー、FMラジオ(ワイドFM対応)受信機を備え、USBメモリからMP3ファイルの再生も行える多機能プレイヤー。本体にはスピーカーを搭載し、再生音源を聴取できるほか、レコードとCDの再生にUSB録音ボタンを押すことで、再生中の音源をUSBメモリにデータ保存可能。レコードの回転速度は、33/45/78rpmと3種類で切り替えられる。

スピーカー出力は1.5W×2。本体サイズはW360×D480×H145mmで、重量は約3.1kg。

(柴田尚)