写真提供:マイナビニュース

写真拡大

UQコミュニケーションズは30日、自宅内でWiMAX 2+をより快適に使えるようにするために提供される「UQ宅内アンテナ」の利用受け付けを開始した。受付開始を記念して、ノベルティをプレゼントする「UQ宅内アンテナスタートキャンペーン」も実施する。

これは2016年6月27日に「UQフェムトセル」として発表されていたサービスで、受け付けを開始するとともに呼称が変更となった。具体的には固定回線を利用して自宅内にWiMAX 2+の基地局を構築し、安定した電波状況を確保するというもの。サービスを受ける場合は、ユーザーが基地局の運営人になる必要があるが、その際の無線局免許を取得する、氏名、住所、連絡先を総務大臣へ届け出るといった手続きなどはUQコミュニケーションズが代行する。自宅の固定回線を利用してネットワークに接続するが、宅内アンテナ経由でWiMAX 2+を利用した場合は使用データ量が通常の回線と同様にカウントされる。なお、UQ宅内アンテナを同一居室内での軽微な移動を除いて勝手に他の場所に移動するといったことはできない。

申し込みに際しては、UQコミュニケーションズかMVNOのWiMAX 2+サービスを契約中で、さらに固定回線として「auひかり」もしくは「auひかりちゅら」を使用していることが必要となる。この条件を満たしていれば、初期費用・工事費・月額料金・UQ宅内アンテナ機器のレンタル料金が無料で利用できる。

本日より同時に開始する「UQ宅内アンテナスタートキャンペーン」は、3月31日までにサービスへの申し込みを行ない、さらに5月31日にまでに設置が完了したユーザーが対象となる。グッズの内容は、クリアファイル、ノート、ボールペンの3点。

(柴田尚)