坂口健太郎、miwaの楽曲に思わず涙!

写真拡大

映画『君と100回目の恋』(2月4日公開)の舞台挨拶付き公開直前ライブイベントが1月30日にZeppTokyoで開催され、miwa、坂口健太郎、竜星涼、真野恵里菜、泉澤祐希が登壇。主人公たちが組む劇中バンド“The STROBOSCORP”のメンバーが集結し、会場を沸かせた。

【写真を見る】坂口健太郎、ギターを持って大はしゃぎ!

本作は、事故に遭遇してしまう葵海(miwa)と、彼女の運命を変えるためタイムリープを繰り返す青年・陸(坂口)の運命の恋を描く純愛映画。“The STROBOSCORP”では、miwaがボーカルとギター、坂口がギター、竜星がベース、泉澤がドラムを担当している。

先日音楽番組「ミュージックステーション」には“The STROBOSCORP”として出演したものの、ライブ形式のパフォーマンスはこの日が最初で最後の機会。生ライブというスペシャルな一夜に坂口も大はしゃぎで、ギターを携えてのフォトセッション時には「弾いている感じで!」とギターを弾く真似をしてみたり、銃のように構えてみたりと楽しそうな笑顔を見せていた。

坂口と竜星、泉澤は撮影前の数か月から楽器を猛特訓した。坂口は「大変でした。ギターを触るのも初めてで、コードも何もわからなかった」と述懐し、「成長したねぇ」と竜星と泉澤を見て、うなずき合う。竜星も「バンドシーンが終わった時は切なさがあった」と明かしていた。

“The STROBOSCORP”が演奏する楽曲はmiwa自身が担当している。miwaは「私にとって特別な作品になっている」とコメント。「坂口くんとW主演というのもそう、主題歌や劇中歌もこの映画のために書き下ろした曲。この映画に出会わなければ、生まれなかった楽曲。忘れられない作品になりました」と心を込めた。

坂口は、「曲を聞いたら涙が出てきちゃったんです。それくらい心に訴えかけるような曲を彼女が作ってくれた。泣いちゃいました」とmiwaの作った楽曲に感動したことを告白。すでにいち早く映画を観ていたファンから「泣いた!」と言われると、「ありがとう!」と大きな声で答えていた。【取材・文/成田おり枝】