アンディ・ウィアー Photo by Taylor Hill/FilmMagic

写真拡大

 マット・デイモン主演のSF映画「オデッセイ」の原作「火星の人」を執筆したアンディ・ウィアーが、新ドラマ「ミッション・コントロール(原題)」の企画・制作総指揮を務めることになったと、The Wireが報じた。

 アンディ・ウィアーといえば、プログラマーとして働く傍ら、自らのホームページで「火星の人」を連載。その後、米アマゾンで電子書籍版の自主出版を行うとベストセラーとなり、たちまち出版社や映画化が決定した経緯がある。

 「ミッション・コントロール(原題)」は、「火星の人」と同様NASAを題材としたリアルなSFで、近未来の宇宙飛行士や科学者たちが、一つのミスも許されないミッションを遂行していくさまを描くストーリーだという。ウィアーがパイロット版の脚本を執筆。「オデッセイ」のプロデューサー、サイモン・キンバーグとともに、制作総指揮を務めるという。製作はCBSテレビジョン・スタジオ。