「AQUOS SERIE mini」(KDDIの発表資料より)

写真拡大

 KDDI、沖縄セルラーは30日、スマートフォンでは最高レベルとなる高画素メインカメラとインカメラを搭載したシャープ製の「AQUOS SERIE mini SHV38(アクアス セリエ ミニ)」を2月3日より発売すると発表した。

 「AQUOS SERIE mini」は、幅67mmと片手でも扱いやすいコンパクトボディに、約4.7インチのフルHD IGZO液晶ディスプレイを搭載。高精細で自然な色合いの美しい描画と低消費電力化を実現した。

 特徴は、約2,100万画素のスマホ最高レベルとなる高画素カメラしていることだ。リコー「GRシリーズ」開発メンバーによる画質認証プログラム「GR certified」も取得しており、本格デジタルカメラ水準の写真を撮影可能。シャッターキーは本体側面に搭載しており、片手でも簡単に撮影できる。インカメラは、AQUOS史上最高となる約100度の広角800万画素を採用。こちらにもフラッシュを搭載しているため、うす暗い室内や夜景でも、キレイな自撮りが可能に。美肌調整や小顔補正といった機能も搭載し、写真撮影での活用の場を広げている。

 カラーは、ホワイト、ネイビー、シャンパンピンクの3色。

 価格は、au公式オンラインショップで一括払い・24回分割払い共に48,600円(価格は全て税込)。毎月割を適用した場合は、「auスマートパス」加入で実質27,000円、「auスマートパス」未加入で実質34,776円となり、25歳以下を対象とした「U25 auスマホ機種変更キャンペーン」を適用すれば、さらに10,800円引きとなる。