Doctors Me(ドクターズミー)- “PM2.5”の飛散が日本でも懸念 大気汚染から身を守るためには?

写真拡大

文明の発達により大気汚染が問題視されるようになりましたが、春や秋になると、日本では「PM2.5」の健康リスクが懸念されております。

近年の中国産業の発展によって、メディアでも取り上げられるようになったPM2.5とはいったいどのような物質なのでしょうか。

今回はPM2.5の概要、引き起こる健康リスク、そしてPM2.5から我が身を守る方法を医師に解説していただきました。

PM2.5とは


PM2.5とは、中国大陸から飛んでくる大気汚染を起こす物質で、硝酸塩や、硫酸塩など人間の身体に対して有害な物質をたくさん含んでいます。

また、粒子が直径2.5㎛と非常に小さく目で見えないので、肺胞の奥まで達して身体のあちこちに健康被害が起こりうるにも関わらず、飛んでいるかどうか肉眼ではわからない点も心配な点です。

PM2.5による症状


目が赤くなる


結膜に炎症を起こして目が赤く、充血する場合があります。

のどの痛み、咳


PM2.5が体内に入ることによって、気道の炎症が発生し、呼吸器系の症状が多く現れます。

鼻水


症状の一つとして鼻水が出ることも多く、花粉症と間違えやすいです。

だるさ


アレルギー反応の1つとして、だるさ、全身倦怠感が生じるケースもあります。

PM2.5によって懸念される疾患


肺がん


肺に炎症を起こし肺がんのリスクを高めてしまうと考えられます。

皮膚の炎症


皮膚についた粒子が、毛穴に入り込んで炎症を起こすケースも考えられます。

心血管トラブル


PM2.5に含まれる有害物質が血液を固まらせる恐れも指摘されており、心筋梗塞の原因となる恐れもあります。

ぜんそくや気管支炎


呼吸によって吸い込まれ、気道で炎症を起こして気道を狭くしてしまうことにより、ぜんそくや気管支炎を引き起こしたり悪化されることも懸念されます。

PM2.5が多い場所、地域


地域としては、中国から近い距離にある国内のエリアが濃度が高くなりやすいと考えられます。

また、時期的には春や秋、湿度の低い日に特に飛散しやすいとされています。

PM2.5の予防対策


◎ PM2.5対応の目の細かいマスクを着用

◎ 屋外で長時間運動をしない

◎ 花粉症用の眼鏡やゴーグルを使用

◎ PM2.5の濃度のニュースなどをチェックし、濃度が高い日は外出を控える

◎ PM2.5の濃度の高い日は、窓を開けないようにする

◎ 手洗いとうがいを励行する

PM2.5に関するQ&A


Q1:PM2.5は生殖能力に悪影響がある?


A:PM2.5が不妊症に関しリスクが心配するほど高いとは言われていません。しかしこれから長い研究や観察で新しい事実がわかるかもしれません。

Q2:鼻づまりが治らないのはPM2.5の影響?


A:特に要因がないのであれば、アレルギー等の一時的なものである可能性が高いとは思いますが、何かしらの疾患を発症している可能性は0ではありません。

もちろんPM2.5が原因の可能性もあります。

Q3:PM2.5の数値が高めの時に、乳児を外気浴させない方が良いですか?


A:PM2.5は粒子が小さく気管支の奥まで入り込むことから、呼吸器系への影響が懸念されています。

国で定めた基準値の2倍を超えると外出を控えるよう各自治体に知らされるので、アナウンスが出たときには外気浴は控えた方がよろしいでしょう。

最後に医師から一言


PM2.5は、メディアなどでも盛んに取り上げられている有害物質で、その健康への悪影響が懸念されています。

髪の毛の太さの何十分の一、という非常に小さな粒子ですから、気にはもちろんなりますが、完全に避ける方法がないのもまた事実です。

マスクや手洗いといった対策を行ったら、気にしすぎてストレスをためないことも、心身の健康を保つための一つのコツとも言えるでしょう。

ただ、ニュースのPM2.5の濃度には、特に小さいお子さんのいる方、ぜんそくなど呼吸器系の疾患をお持ちの方は十分注意を払っておきましょうね。

(監修:Doctors Me 医師)