使い方間違ってる!素敵男子を遠ざける残念モテテク

写真拡大



モテたい!と思い立って、恋愛テクを日常的に使っている女子もいることでしょう。でも、あなたの使っているモテテクが、逆効果になっているかもしれません…。今回は素敵男子を遠ざける残念モテテクを紹介します。素敵男子からの率直な意見をぜひ参考にしてみてくださいね。

■◆ 常に聞き手にまわる

「聞き上手であることはとても大切なことだけど、『聞き上手=自分のことはあまり話さない』って勘違いされがち。モテる男子は女子との会話に慣れているのでどんどん自分のことを話してお互いに盛り上がりたいタイプが多いと思います」(29歳/教師)

「気が合う、ノリが合うっていうのはすごく大事です。だから聞いてばかりじゃなくて一緒に楽しみたいです。こちらが悩んでいるときや相談したいときにきちんと聞いてくれればそれでいいです」(28歳/サービス)

聞き上手がモテるというテクニックを鵜呑みにして、彼の話にうなずいているだけではモテるはずもありません。素敵男子は女子との会話に慣れているので「つまらないな」と思われてしまいます。ぜひ積極的に自分の話もして会話を盛り上げていきましょう。

■◆ 甘めの定番モテスタイルしかしない

「男目線の服を着ている子よりも、自分の好きな格好をしているこのほうが輝いて見えます。なによりオシャレ。自分を持っている子のほうが好きです」(26歳/不動産)

「ちょいダサくらいが男にモテるって思ってるかもしれないけど、オシャレな男子はやっぱりオシャレな女子が好き。オシャレを楽しんでいる子が魅力的に見えます。時々男ウケする格好してくるとギャップにも萌える」(29歳/マスコミ)

スカートなどの甘めなファッションのほうが男子ウケすると思ってはいても、毎日そのファッショでいる必要はありません。オシャレにも熱心な素敵男子は、むしろ自分の好きなファッションを堂々としているほうが好印象なのだそうです。素敵男子を狙うなら、自分も素敵にならないといけませんね。

■◆ モテる趣味ばかりたしなむ

「男子ウケしそうな習い事に通ったりするよりも、好きなものをきちんと好きと言って熱中している子の方が百倍いいと思います」(27歳/公務員)

「『お酒大好き』とか『バイクに乗るのが好き』とか女の子が言ったときに、女の子なのに…と引く男子よりも、『いいじゃん!』って一緒に楽しんでくれる男子と出会えた方が簡単にモテるよりずっといいと思う」(27歳/マスコミ)

女子らしさにこだわる男子を気にして自分の好きなものをセーブするなんて、とてももったいないことです。むしろそんなあなたの趣味を受け入れてくれる少ない男子を探すほうが将来的には断然有意義だと言えるでしょう。自分を押し殺してまでモテを習慣づけなくても良いんですよ。

■◆ 安いボディタッチ

「今どきボディタッチもなにもないです。ただの軽い女としか思えません」(26歳/公務員)

やたらめったら人にペタペタ触るのはやめましょう。モテる素敵男子はそんな安易なテクニックをすぐに見抜いてしまいます。だれそれかまわずボディタッチするのではなく、気になる相手にここぞというときに使えるボディタッチを身につけましょう。

■おわりに

どんなにモテても好きな人にモテなくては意味はありませんよね。また安易なモテはトラブルのもとにもなります。自分にあった恋愛テクニックを見極めて気になる人を虜にしてくださいね。(夏目英実/ライター)

(ハウコレ編集部)(下薗なおこ/モデル)(柳内良仁/カメラマン)