オープンプライス / 2月下旬発売

富士フイルム FUJIFILM X-T20

主な特長

  • X-Trans CMOS IIIセンサーと画像処理エンジン「X Processor Pro」を採用
  • 4K動画の撮影が可能

newproduct_20170130_fujifilmXT20_I.jpg

富士フイルムは、「FUJIFILM X-T10」の後継機となるXマウントのミラーレスカメラ「FUJIFILM X-T20」を発売する。グリップ形状やボディデザインは「FUJIFILM X-T10」を踏襲している。天面にシャッタースピードダイヤル、ドライブダイヤル、露出補正ダイヤルを配置。また、ドライブダイヤルには「動画ポジション」を追加することで、静止画から動画への撮影の切り替えがスムーズになった。

液晶モニタはチルト式でタッチ操作が可能。イメージセンサーは、「FUJIFILM X-T2」と同様の2430万画素の「X-Trans CMOS III」センサー。画像処理エンジン「X-Processor Pro」との組み合わせにより、卓越した画質を実現している。

AFシステムも見直されていて、測距点が91点(最大325点)までに拡大。AFが苦手としてきた点光源、ローコントラスト、繊細なテクスチャーを持つ被写体の捕捉性能が向上した。従来のフルHD動画撮影に加え、Xシリーズの特徴であるフィルムシミュレーションを活かした4K動画撮影に対応しているのも魅力のひとつだ。

有効画素数:約2,430万画素 / 記録メディア:SDカード(〜2GB)/SDHCカード(〜32GB)/SDXCカード(〜256GB)UHS- / ISO感度:標準出力感度(AUTO1/AUTO2/AUTO3、ISO200〜12800<1/3EVステップ>)・拡張モード(ISO100/25600/51200) / 液晶モニタ:3.0型・3:2アスペクト・タッチパネル式TFTカラー液晶モニタ・チルト式 / ファインダー:0.39型有機ELファインダー / 動画:HD・Full HD・4K / 外寸:118.4×82.8×41.4 mm / 質量:約333g(バッテリー、メモリーカード含まず)

お問い合わせ先:お客様コミュニケーションセンター(050-3786-1060)