写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ヤンマーは、ヤンマー本社ビル(愛称:YANMAR FLYING-Y BUILDING)の社員食堂を、2月4日から週末ランチ限定で一般開放する。営業時間は土曜日・日曜日の11:00〜15:00。

今回の一般開放は、「食料生産の分野で人々のより豊かな暮らしを実現する」というミッションステートメントのもと、青空市場「プレミアムマルシェ」など、"食"に関わる様々な活動を行ってきた同社が、今まで「Premium Marché CAFÉ」として運営してきた社員食堂を「Premium Marché OSAKA」へと名称を改め、週末のランチ限定で一般に開放するもの。同社の社員食堂は、食づくりに携わる企業として、社員が生産者の想いをより身近に実感できることをコンセプトとして運営されており、産地や生産者が見える旬の食材を積極的に使用した一汁三菜スタイルのセットメニューでは、おいしさと健康にこだわったメニュー作りが行われているという。

提供メニューは、数量限定の週がわりメニュー「プレミアムマルシェランチ(肉/魚)」と、サラダ付きの「プレミアムマルシェカレー」の2種。野菜はヤンマーの畑で収穫した新鮮な野菜を使用しており、また、甘辛い「プレミアムマルシェカレー」には、「Premium Marché OSAKA」の中央にある養蜂場「bee garden」で採種した国産ハチミツのシロップが添えられて提供されるということだ。

(シマダマヨ)