「内省的なボス」側、第5話と6話の台本を修正“視聴者の意見を積極的に反映”

写真拡大

tvN月火ドラマ「内省的なボス」側が今後放送される第5話と第6話の台本を修正したと明らかにした。

「内省的なボス」側は30日、OSENとの電話取材で「台本を修正したのは事実だ。コミュニケーションドラマであるため、視聴者の意見を積極的に反映して良い姿を披露しようと思う」と明らかにした。

「内省的なボス」は「ブッとび!ヨンエさん15」の後番組として放送され、16日第1話の視聴率3.164%を記録したが、1週間で2%前半に下落した。

「内省的なボス」は極度に内省的なボスのウン・ファンギ(ヨン・ウジン) と、超強力な親和性をもつ新入社員チェ・ロウン(パク・ヘス) が繰り広げるコミュニケーションラブストーリーだ。