メコン・クラブチャンピオンシップで2連覇を達成したタイ代表のブリーラム・ユナイテッドFC Toyota Mekong Club Championship

写真拡大

 東南アジア地域の中でもメコン川流域に位置し、「陸のASEAN」とも呼ばれるタイ、ベトナム、カンボジア、ラオス、ミャンマーは、東西・南北に域内外を結ぶ交通インフラの整備が進んでおり、多くの日本企業から生産拠点や投資先として注目を集めている。1人当たりの国内総生産(GDP)が5000米ドルを超えてすでに中進国となったタイを除き、ベトナム=約2110米ドル、ラオス=約1820米ドル、カンボジア、ミャンマー=約1160米ドル(数字はすべて2015年時点)と、いずれも経済発展の途上にあり、生産年齢人口も引き続き増加することが見込まれている。

 そんな経済的にも社会的にも進展の著しいメコン地域におけるサッカーのナンバーワンクラブを決める大会が「トヨタ・メコンクラブチャンピオンシップ(TMCC)」だ。大会の出場権が与えられるのは各国のリーグ戦やカップ戦の優勝クラブで、2014年にベトナム、ミャンマー、カンボジア、ラオスの4カ国でスタートし、翌2015年からタイも加わって5か国で争われている。

 3回目となった今回の参加クラブは、ラオスのランサーン・ユナイテッドFC(ラオ・プレミアリーグ2016優勝)、ベトナムのSHBダナン(Vリーグ2016 3位)、ミャンマーのヤダナボンFC(ミャンマー・ナショナルリーグ2016優勝)、カンボジアのボンケット・アンコールFC(カンボジアリーグ2016優勝)、タイのブリーラム・ユナイテッドFC(トヨタ・リーグカップ優勝)の5チーム。大会は2016年11月5日から2017年1月8日の日程で開催され、前回大会ではタイでの一発勝負だった決勝戦がホーム&アウェー方式に変更されるなど競技面でのさらなる充実が図られた。

◆アジアのサッカー強国の一角になりつつあるタイ

 メコン地域の経済で周辺国をリードしているタイは、サッカーでも頭一つ抜き出た存在となっている。昨年はリオデジャネイロ五輪予選、ロシア・ワールドカップ予選の両方で最終予選に進出したほか、クラブレベルでもAFCチャンピオンズリーグでブリーラム・ユナイテッドがアジアの強豪クラブと互角に渡り合うなど、アジアのサッカー強国の一角に地歩を築きつつある。TMCCでタイ代表クラブが決勝からの出場となっているのも、こうした力関係が反映されたものだ。

 しかし、弱小チームが強豪を破る「ジャイアントキリング」があり得るのがサッカーというスポーツの魅力でもある。2015年のTMCCではカンボジアのボンケット・アンコールが準決勝でベトナムのベカメックス・ビンズオンを破る快挙を果たしたが、今大会ではラオスのランサーン・ユナイテッドがそれ以上の驚きを提供した。

 ベトナム、ミャンマー、ラオスの代表クラブが1回戦総当りで対戦する第1ラウンドを1勝1分で突破すると、準決勝では敵地カンボジアに乗り込んでボンケット・アンコールを3-0で撃破。さらに決勝戦第1レグでもタイの強豪ブリーラムを1-0で破る金星をあげ、超満員となったホームの観客を大いに沸かせた。タイ・バンコクでの第2レグでは地力に勝るブリーラムに0-2で敗れたものの、前回王者を最後まで苦しめた戦いに称賛が集まった。

◆新たなタレント発掘の場としても注目されるTMCC

 大会の認知度と人気の上昇は、観客数の増加にも表れている。ミャンマー・マンダレーで開催されたヤダナボン-ランサーン・ユナイテッド戦に1万8000人を超える観客が詰めかけたのをはじめ、6試合の総計で過去最高となる7万2800人を動員。全試合が地元テレビ局で放送されたほか、最終戦は大会公式フェイスブックページでもライブ中継されて50万回を超える再生回数を記録するなど、大会への注目度の高まりを感じさせた。

 TMCCは新たなタレントを輩出する舞台にもなっている。2015年大会ではボンケット・アンコールのチャン・ワタナカが準決勝のハットトリックを含む5得点をあげて大会MVPに輝き、メコン地域にその名を大きく轟かせた。今オフにはJ3藤枝MYFCへの移籍が決まり、カンボジア人初のJリーガーとして注目を集めている。一身に背負っている。今大会で大活躍したランサーン・ユナイテッドの選手や監督にも、タイをはじめとする国外クラブからオファーが届くことは十分に考えられる。