ダサ髪克服!ミディアムヘアのアレンジは"計算された3ポイント"で失敗知らずに

写真拡大 (全3枚)

ミディアムヘアをアレンジするとき、長さが足りなくて、今っぽい無造作感やラフさを上手く出せない...なんて悩んでいる人も多いはず。そこで、資生堂ヘア&メーキャップアーティストの渋沢知美さんに、失敗しないミディアムヘアのアレンジ術を伺ったところ、「計算された3つのポイント」が大事なのだとか。気になるそのポイントをさっそくチェックしましょう!

ミディアムヘアのアレンジに必要な、計算された3ポイント

ポイント〜波唄
無造作感を出すためには、ツヤ感ではなく素髪っぽさが必要。クリームやオイル系のスタイリング剤を軽くつけて仕上げましょう。また、まとめる前に髪全体をゆるく巻いておくと、アンニュイな雰囲気が加わりさらにGOOD。

ポイント⊆を隠す
髪をまとめる際は、あえて耳に髪をかぶせるようにするのがコツ。耳はすべて出さず、上半分くらいが隠れるように調整します。

ポイント8紊賁咾和燭瓠クセづけ
今っぽいまとめ髪に欠かせない後れ毛は、あえて多めに残すのがおすすめ。顔周りからもみあげにかけて、さらに耳後ろの髪も少量残すのがポイントです。

また、後れ毛にはストレートアイロンで軽くクセをつけましょう。毛束をたるませながらアイロンではさむと、クセっぽいニュアンスがつけられますよ。

たった3つのポイントに気をつけるだけで、ひとつ結びのようなシンプルなアレンジでも、グッとこなれ感のある今っぽい雰囲気に仕上がります。上記のコツを押さえて、ミディアムヘアのアレンジをもっともっと楽しんでくださいね。

ピアス¥1.200/サンタモニカ 原宿店 ※価格は税抜き
【問い合わせ先】
サンタモニカ 原宿店:(03)5474-1870

photo:福田宏美 stylist:川上麻瑠梨 model:新原愛加

【関連記事】
・ 誰でも簡単にオシャレな後れ毛が作れるたった一つのコツ!
・ どれくらい出すのが正解?疲れて見えない後れ毛の作り方

●当記事の情報は、プレゼンターの見解です。ご自身の責任においてご利用ください。
●掲載された記事の内容は取材時点の情報に基づきます。