© 2016 Konami Digital Entertainment

スマホで遊戯王が遊べるアプリ『遊戯王 デュエルリンクス』。

この記事では、現環境の対人戦で上位プレイヤー内で使用率がかなり高い「銀幕の鏡壁」の強さを解説します。

環境で強いと言われている理由を理解することで、遊戯王 デュエルリンクスでの勝率は上がるはずです。

人気のカードは定期的に紹介するので、チェックしてみてください!

銀幕の鏡壁を紹介

銀幕の鏡壁は、現環境において戦闘補助カードの頂点といっても過言ではないカードです。


まずは銀幕の鏡壁の効果をチェックしましょう。

相手の攻撃モンスターの攻撃力は半分になる。この効果はこのカードがフィールドに存在する限り適用される。このカードのコントローラーは自分のスタンバイフェイズ毎に2,000ライフポイントを払う。または、2,000ライフポイントを払わずにこのカードを破壊する。

ここから銀幕の鏡壁の強い点と弱い点を解説します。カードゲームにおいて知識は勝敗に直結するので、現時点で銀幕の鏡壁を弱いと思っている方も読んでみてください。

銀幕の鏡壁の強い点

まずは相手モンスターの攻撃力が半分になる効果について。

現環境で高攻撃力のモンスターが飛んでくるとしたら「メテオブラックドラゴン」の3,500位ですよね。この数字を半分にすると1,750と比較的簡単に跳ね返せる数字になります。

1,750も最高値の話であり、実際3,500が対人戦で飛んでくるのも稀で基本的にはダイダロスの2,600や恐竜の1,900が多いです。ですから、銀幕の鏡壁を使うと相手モンスターの攻撃力は950〜1,300程度に収束され、ほぼすべての攻撃をカウンターできるカードになるのです。

銀幕の鏡壁の弱い点

銀幕の鏡壁の弱い点は特にないのですが、あえて挙げるなら維持にライフを2,000払わなければならないことです。

銀幕の鏡壁を発動してから、フィールドに残した状態で2回自分のスタンバイフェイズを迎えてしまうと敗北です。

解決策は簡単です。自分のスタンバイにライフを払わず破壊してしまいましょう。

1回発動するだけでもライフアドバンテージとフィールドアドバンテージを取れるカードなので、スタンバイに破壊しても全然もったいなくないです。これで銀幕の鏡壁には欠点がないのとほぼ同義になります。

結論:現環境で最強クラスの防御札

銀幕の鏡壁は持っているけど維持コストが重いから使っていないという方は、騙されたと思って使ってみてください。相手ターンの攻撃が、銀幕の鏡壁1枚でかなり楽になるはずです。

銀幕の鏡壁を当てるために、BOX2弾の「ネオーインパクト」を引いても良いくらいですので、ジェムが溜まったらチャレンジしてみてください。