1860ミュンヘンのオーストラリア代表DFデゲネクが横浜FM加入内定!

写真拡大

▽横浜F・マリノスは30日、ブンデスリーガ2部の1860ミュンヘンに所属するオーストラリア代表DFミロシュ・デゲネク(22)の加入が内定したことを発表した。なお、メディカルチェック後に正式契約となる。

▽シュツットガルトの下部組織出身のデゲネクは、2015年7月に1860ミュンヘンへと加入。昨シーズンはブンデスリーガ2部で25試合に出場し1得点を記録。今シーズンはここまでリーグ戦8試合、DFBポカールで1試合に出場していた。

▽また、世代別の代表ではU-17オーストラリア代表、U-19セルビア代表、U-23オーストラリア代表と2カ国でプレー。2016年5月にオーストラリア代表でデビューを果たし、ロシア・ワールドカップ アジア最終予選でも2試合に出場。日本代表との試合は負傷により招集外となっていた。

▽横浜FMへの加入が内定したデゲネクは、クラブを通じてコメントしている。

「横浜F・マリノスのみなさんこんにちは。新しいシーズン、新しいサッカー人生の旅立ちを横浜F・マリノスでみなさんと力を合わせてスタートができることを嬉しく思います」

「また、クラブ、ファン・サポーター、選手達全員で力を合わせて多くのチャレンジに立ち向かい素晴らしいシーズンになることを期待しています。Jリーグのビッグクラブである横浜F・マリノスの一員になれることを楽しみにしていますし、横浜F・マリノスのことを信じてくれているファン・サポーターたちに喜んでもらえるよう自分たちの目標を成し遂げることができることを願っています」

「横浜F・マリノスのこと、日本のこと、そして日本人の文化に関して多くの素晴らしいことを聞いたので、これから多くのことを学んでいろいろなことを経験したいと思います。皆さんには一つだけは約束します。それは我々のクラブである横浜F・マリノスのために毎日のトレーニング、毎試合で自分のすべてを出し切るということです。今回の移籍にかかわった全ての人達に感謝するとともにスタッフの皆さん、選手達、そしてもちろんファン・サポーターのみなさんに会えることを楽しみにしています。近々会いましょう」