動画配信システムの市場規模は2020年度に100億円に迫る【ITR予測】

写真拡大 (全2枚)

ITRによると、国内動画配信システム市場の2015年度の売上金額は前年度比6.6%の増加。動画配信事業者における配信量の拡大、社内での従業員教育や学校における教育での活用、あるいは販促材料やマーケティングでの活用など、ビジネスでの動画の利用が広がりを見せていることが要因となっていると分析しています。

2016年度も市場は堅調に成長すると予測していますが、無償の動画配信サービスを積極的にビジネスに利用しようとする動きが見られつつあるため、各ベンダーは無償サービスに対する優位性をどのように打ち出していくのか、あるいは何をもって訴求していくのかを検討していく必要があると述べています。無償サービスの影響もあり、単価の下落傾向が見られるものの、各ベンダーとも潜在的な需要の喚起に取り組んでおり、今後も導入が進んでいくと見込まれることから、同市場のCAGR(2015〜2020年度)は5.2%、2020年度は100億円に迫る規模になると予測しています。

▽ 動画配信システム市場売上金額推移および予測

今回の発表の詳細は、ITRが発行した市場調査レポート「ITR Market View:LMS・動画配信システム市場2017」に掲載されています。同レポートには、LMS市場(パッケージ、SaaS)、動画配信システム市場、パーソナライズド動画作成エンジン市場を対象に、国内23ベンダーへの調査に基づいた2014〜2015年度売上げ実績および2020年度までの売上げ予測を掲載しています。