■石川祐希イタリア現地インタビュー(前編)

 全日本男子バレーのエース、石川祐希は今、世界トップクラスのリーグ、イタリアセリエAに2度目の挑戦中だ。しかし、その道は決して平坦なものではない。

 12月3日の全日本インカレ決勝で、東海大学を破って3連覇を成し遂げた3日後に、イタリアに渡航。11日に最初の試合があったが、ベンチ入りはしていても、公式練習でサーブもスパイクも打たず、まったく出番がなかった。帯同している記者の話によると、故障だという。しかし、詳細はチームから口止めされているので言えないとのこと。この状態が、年が明けて1月8日の試合まで続いた。

 当初は2週間で復帰という話だったので、年明け2週目のホームゲームなら完全に間に合うだろうと踏んで、年末には現地取材のための航空券と宿の手配をした。同じように考えた4組の日本人取材スタッフが、石川が所属するラティーナの1月15日のホームゲームに詰めかけた。

 前日練習では、石川はちゃんとサーブもスパイクも打っていた。ただ、AB戦がメインの練習で、基本的には石川はBチーム(控え組)に入っていた。前の週までジャンプする練習ができなかった選手をいきなりスタメンで使わないのは、当然予測されたことではある。しかし、Bチームに固定というわけでもなく、石川を含め、練習中にメンバーはかなり柔軟に入れ替わり、トスも十分に上がっていた。トスが上がってくれば、石川は平均身長197cmのチームメイトに引けを取らないスパイクを打ちこなしていた。

 気になったのは、レセプション(サーブレシーブ)だ。もともとそれほどレセプションが得意な選手ではない。セリエAの強いサーブ、特にジャンプサーブには苦しめられていた。だが、このサーブを毎日練習で受けられることは、彼にとって有意義な経験であることは間違いない。

 練習後に話しかけると、「まだ今週からフルで練習ができるようになったばかりです。出場できたら、自分らしくやるだけですね。でも、自分が出るとしたら、劣勢なときなので、チームのためにはそうならない方がいいのかも、とも思っちゃいますね」と、いつも積極的な彼らしくない、控えめな口ぶりで翌日の試合について語ってくれた。故障から復帰したばかりで、さすがに強気にはなれないのだろう。

 当日練習でも、試合前の公式練習でもやはりBチーム。試合でも石川はベンチスタートだった。アップゾーンに戻った石川は、しばらくするとジャージを着込んで腕組みをしながらコートを見つめていた。体育館の暖房は十分暖かい。2年前のモデナでは、アップゾーンでも決してジャージを着込むことはなかった。そこが少し気になる。

 対戦相手のモンツァは当時6位。11位のラティーナより格上の相手だ。だが、ホームの声援の後押しもあってか、試合の展開は、常にラティーナがリードした。2セット目終盤にバニョーリ監督がアップゾーンに近づいて、石川に声をかけていたが、そのときは出場することはなかった。

 1、2セットを連取し、王手をかけた3セット目。24−16のマッチポイントとなったところで石川がコートイン。ピンチサーバーとして、ラティーナデビューを飾った。観客席から「ユウキ、ユウキ」のコールが湧き起こる。ハラハラしながら見守ったが、石川は8割程度の力でコースを狙って相手のレセプションを崩し、ハイセット(二段トス)になった相手スパイクをラティーナがブロックしてゲームセット。

 試合後に行なわれたコート上での記者会見で、石川は複雑な表情で受け答えをした。

「今回初めて試合でコートに立ちましたけど、チームメイトの調子がよかったので、出番はないと思っていました。点差がついて、日本のメディアのみなさんが来てくださっていたので、出させてもらっただけだと思います。だから、今日に関してはいいも悪いも、まったくなし。強いていうなら、サーブ。1本しか打っていないですけど、もっといいサーブが入れられたと思う。練習ではいいアピールができていると思うので、これから強いチームにも当たるので、出場機会も増えると思います。

 5日前からサーブやスパイクを打ち始めたばかり。(ラティーナでの)スタートはあまりよくはなかったですけど、これからしっかり印象づけて、出場機会を狙っていきたい。

(会場のユウキコールについて)今までずっとケガで出られなくて、初めて出たので、喜んでくださっているなと思い、力になりました。でも、今日はしょうがなく出してもらっただけなので、今後はちゃんと実力で出たいですね」
 
 自分の置かれた状況を把握しつつ、自分に納得していないもどかしさがうかがえた。

 翌日はオフで日本メディアの取材日となり、ゆっくり話を聞いた。

――2年ぶりのセリエAですけど、今回最初にイタリアの地に降り立ったときのことは覚えています?

石川 いや、忘れちゃいました(笑)。

――インカレが終わって2日後の渡航でしたが、出がけに忘れ物をしかけたとか。

石川 はい、急いでパッキングしたので、パスポートを入れ忘れて、あわてて取りに戻りました(笑)。危なかったです。

――渡航前日には、盛大な記者会見があって、中央大のみなさんがサプライズで来てくれたりしましたけど、連絡はとっていますか?

石川 はい、ちょくちょく連絡はとっています。

――春高バレーでは妹の真佑ちゃんが活躍して、下北沢成徳高校(東京)が優勝しましたね。真佑ちゃんに聞いたら、石川選手にLINEで「ブロックに捕まっちゃった」とか相談したとか。「優勝も、もちろん報告します!」と言ってましたよ。

石川 それは親に「ちょっと連絡してあげて」と言われてとっただけなんで。自分は、バレーボール選手としては、まったくアドバイスしてない。ただ、お兄ちゃんとして「がんばれよ」って言っただけなんです。

――こちらに来てから、昨日の試合までずっと故障で出場ができませんでした。ケガはいつしたのですか?

石川 インカレの時です。準決勝くらいからですね。やる気がいつも以上に入っていたので、少し無理をしたのかもしれません。決勝戦の東海大戦が、一番パフォーマンスは高かったと思います。

――決勝戦は、石川選手ひとりで37得点でした。見ていても、石川選手の活躍がなければ、東海大が勝っていた試合だったと思います。

石川 (東海大のミドルブロッカーでU-23のチームメイトの)小野寺(太志)とメールしたんですけど、準決勝までのビデオを見て(自分を)研究したらしいんですが、「見たビデオと全然違っていた!」って言っていました。自分でも、あの時はそれまでの試合とは違ったレベルのパフォーマンスができたと思います。

――イタリアに来てから、ケガで試合はもちろん、サーブやスパイク練習もできない状況が続いて、正直しんどい思いをしたのでは?

石川 まあそうですね。しんどくなかったといえば、嘘になります。こっちに来て「(ケガは)大丈夫かな?」と思ってやったら、やっぱりダメで。最初の練習では、まだそんなに痛くなくて、「ちょっとやってみろ」って言われたんですけど、途中で痛くなって、そう報告したら、「やめろ」って言われて、エコーを撮ってみたら、ケガがわかったんです。箇所については、チームから口止めされているので言えないんですけど、OQT(オリンピック世界最終予選)でやったケガの再発ではありません。

 こちらでは故障者に対してかなり慎重な扱いで、エコーを撮って完璧に治ってなかったら、試合はもちろんですけど、ジャンプする練習さえもやらせてもらえないので、先週まで、ずっとサーブ練習もスパイク練習もできませんでした。でも、その間はイタリア語の勉強もしっかりできましたし、治療に通ったり、ケアをするときもチームメイトに送ってもらったりしたので、コミュニケーションはとれましたね。しっかり治して、これからアピールできればいいかなと思っています。

――仲のよいチームメイトは誰ですか。

石川 控えセッターのマッテオとリベロのファビオですね。移動で車に乗せてもらうときは、いつもこのふたりにお願いしています。

――イタリア語でコミュニケーションをとっているのですか? 練習を見ていると、監督はイタリア語の他に英語も使っているようでしたが。

石川 基本的には、イタリア語でコミュニケーションをとっています。自分もある程度は......できるようになったかな?って感じ。でも、イタリア語をしゃべれない選手もいるので、英語も使います。

――イタリアに来てからの、生活パターンは?

石川 朝起きて、ウェイト練習して、帰ってきて昼寝して、また練習してっていう感じです。

――オフの日は何をしているのですか?

石川 オフの日は治療に行って、帰って家でゴロゴロしています。お店も思っていたよりないので、あんまり出かけないですね。

――日本にいるときもインドア派でしたもんね。

石川 そうですね(笑)。基本ゴロゴロ派です。

(後編に続く)

中西美雁●文 text by Nakanishi Mikari