写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●ハードウェアリソースを有効活用する? 「ゲームモード」
2017年1月27日(以下すべて米国日時)、MicrosoftはWindows 10 Insider Preview ビルド15019を、ファーストリングを選択したPC向けにリリースした。既報のとおりゲームモードの搭載やPCゲームプレイ環境の強化、Hyper-V仮想マシンのリアルタイムリサイズ機能など、興味深い機能を多数搭載している。

○ハードウェアリソースを有効活用する? 「ゲームモード」

MicrosoftはWindows 10 Insider Preview ビルド15019をリリースする数日前に、ゲームモードの搭載を知らせるブロク記事を公開している。そこでは「『Beam』によるストリーミング配信の実装」「『設定』に加わった『ゲーム』カテゴリー」そして「ゲームモードの実装」という3つの新機能が明らかにされた。だが、本ビルドの公開を告げる記事によれば、一部の環境ではバグが発生し、新しいゲーム機能を試してみたい方には苦痛だと認識していると同社は説明している。

筆者の環境では、エクスプローラーを含むデスクトップアプリが非常に緩慢になる現象を確認した。現在は内蔵GPUであるIntel HD Graphics 530を利用して2枚のディスプレイ、NVIDIA GeForce GTX 970を1枚のディスプレイに出力させているが、GeForceのディスプレイで表示させたデスクトップアプリのみ、前述の現象が発生する。ちなみにUWP(ユニバーサルWindowsプラットフォーム)ベースのPCゲームやHyper-Vの動作検証なども行ったが、それらは問題ない。ゲームモードの無効化など試行錯誤し、最後にディスプレイドライバーを最新版に更新したところ問題は改善した。どのようなタイミングで問題が発生するのか確認できなかったが、Windows and Devices GroupソフトウェアエンジニアのDona Sarkar氏がいう「バグ」なのかも知れない。

さて、それでは本ビルドの新機能を紹介する。Microsoftは2016年8月の時点でライブストリーミングサービス「Beam」を買収しており、同社が持っていたプロトコル「FTL(Faster Than Light)」をWindows 10に実装した。その結果[Win]+[G]キーで呼び出す「ゲームバー」からの配信機能をサポートしている。実際に試してみたところ、プレイ動画は「beam.pro」で配信し、アドレスを知る不特定多数の視聴者が楽しむ形だ。

「設定」へ新たに加わった「ゲーム」では、ゲームバーや動画機能であるゲームDVR、そしてゲームモードに関する項目が並ぶ。これまでゲームバーから行っていた設定をOSベースで行う形となるが、筆者を含めた多くの読者が興味を持つ<ゲーム/ゲームモード>だろう。MicrosoftはPCゲームのパフォーマンスを向上させるため、Win32およびUWPベースのPCゲームに対して優先的にハードウェアリソースを割り当てると推察するが、筆者が試した限りはその違いは明確ではなかった。<ゲームモードの詳細>というリンク先は「Xbox on Windows 10サポート」ページも、ゲームモードに関する記述は追加されていない。

そこでUWP版である「Minecraft for Windows 10」を起動し、「Process Explorer」で変化を確認してみたが、プロセスの優先度は変化しなかったものの、ゲームモード有効時はCPU使用率が若干増加し、I/O負荷が軽減したように見える。具体的な効果はMicrosoftの説明を待ちたいところだが、割り込み処理のロジックを変更し、PCゲームを優先するのではないだろうか。詳しくは後述するがゲームモードは多くの問題が確認されているため、もう少し安定してからベンチマークなどを試してみたい。

PCゲームに関する変更はこれだけにとどまらず、以前から行ってきたフルスクリーン表示時に、ゲームバーを起動した際のパフォーマンスを改善するタイトルとして、「Battlefield 3」「Call of Duty: Black Ops 2」「Call of Duty: Black Ops 2 Zombies」「FIFA 14」「FIFA 17」「FIFA Manager 14」「Grim Dawn」「Guild Wars 2」「Left 4 Dead 2」「MapleStory」「Paragon」「Payday 2」「Rocket League」「The Elder Scrolls Online」「The Sims 4」「Tom Clancy’s Rainbow Six Siege」「Warface」以上17タイトルをサポートしている。

●Microsoft EdgeのEPUBリーダーがオーディオブック化
○Microsoft EdgeのEPUBリーダーがオーディオブック化

本ビルドはPCゲーム以外にも多くの変更が加わっている。まず、Microsoft EdgeはEPUBリーダーとして利用する際、音声による読み上げ機能が備わった。よく「耳で聞く〜」といったオーディオブックが売られているが、それをMicrosoft Edge単体で行うのが本機能である。英語はもちろんだが今回は日本語にも最初から対応しているため、試しに青空文庫からEPUBファイルをダウンロードしたところ、小説の文章をそのまま読み上げていた。オーディオブックのように流暢な声とはいいがたいものの、OSが備える音声合成エンジンをこのように流用するのは面白い試みといえよう。なお、Microsoft Edge固有機能としてはWebサイト上で用いた絵文字がフルカラー表示になっている。

OSビルド15002から着手しているOOBE(Out-Of-Box-Experience)の改善だが、Microsoftは改めてプライバシー、Wi-Fi、Microsoftアカウントの3分野について改善を行っていると説明した。プライバシー関連については別記事で紹介しているので割愛するが、Wi-FiはCaptive Portal機能のサポートを指している。Captive Portalは喫茶店やホテルのWi-Fiホットスポットに接続する際、Webブラウザーなどで利用条件への同意や認証を行う仕組みだが、本ビルドからOOBEプロセスの時点でこの仕組み対応するという。また、Microsoftアカウントはサインインのプロセスを改善し、手順を簡易化するというもの。本ビルドのISOイメージは公開されておらず、OSビルド15002では、同様の仕組みを確認できなかったので、公式ブログが用意した画像をご覧頂きたい。このほかにもWindows Helloによる音声操作や、Cortana音声の更新、字幕のサポートなども行われる予定だ。

直近のビルドから搭載したブルーライトカット機能だが、正式名称は「Night Light」になるという。本機能についてもいくつかのバグ修正が行われた。まずアクションセンターのクイックアクションから「設定」を呼び出すことが可能になり、スリープ状態から復帰する際も、ブルーライトカット機能が適用されるようになった。また、同機能有効時にエクスプローラーがハングアップする問題も修正している。筆者も早々に同機能を使っていたが、エクスプローラーに悪影響を与えていることは気付かなかった。ちなみに15000番台から発生していたエクスプローラー周りのトラブルは、本ビルドで一切発生していない。

個人的に興味深いのが、Hyper-V仮想マシン接続のウィンドウをリサイズした際、ゲストOSに対して解像度を自動調整する新機能だ。仮想マシンにWindows 10 Insider Preview ビルド15014をインストールして動作を確認したところ、スムーズに解像度が切り替わり、適切な操作が可能になることを確認した。特に高解像度ディスプレイ上で仮想マシン接続を行うと、あらかじめDPI設定を変えなければ操作もままならないため、個人的には非常にありがたい。これらの機能を有効にするには拡張セッションが必要だが、Windows 10 バージョン1607をインストールした仮想マシンに対して行ったところ、正しく描画されない問題が確認できた。拡張セッションがオフの状態であるチェックポイントに戻すことで問題を回避したが、本機能を利用するにはOS側の対応も必要だ。

その他の変更点として本ビルドでは、「Windowsストア」からファイルをダウンロードする際の進捗状況をアクションセンターの通知にも表示させ、「設定」の<更新とセキュリティ/Troubleshoot>の新設や、<Mixed Reality>の設定項目拡充、高DPIのサポート向上が行われている。MR(仮想現実)と名称を変えたのはMicrosoft HoloLensの存在が大きく、その詳細はパートナー企業からリリースされる安価なVR(仮想現実)/MRヘッドセットディスプレイを待たなければならないが、設定項目を徒然と眺めるとWindows 10 Creators Updateの完成が待ち遠しい。

●OSビルド15019の改善点・既知の問題
○OSビルド15019の改善点・既知の問題

ここからはPC版の修正内容と確認済みの問題を紹介する。まずは修正箇所から。

・Xbox 360もしくはXbox Oneコントローラーを接続すると、Dwm.exeがクラッシュし、ディスプレイ表示が正しく行われなくなる問題を修正した。
・特定のPCゲームプレイ時に[Alt]+[Tab]キーを押して別のウィンドウにフォーカスを移動すると、両者に対して点滅する問題を修正した。
・Microsoft Edgeで「ナレーター」を使用する
・「ナレーター」とMicrosoft Edgeの組み合わせで使用すると、正しく読み上げられない問題を修正した。
・Microsoft EdgeのWebノートに選択した文字列を貼り付けると、Microsoft Edgeがクラッシュする問題を修正した。
・Microsoft EdgeでTwitch.tvのストリームコンテンツが視聴できない問題を修正した。
・Microsoft EdgeでPDFファイルを共有するとクラッシュする問題を修正した。
・Microsoft Edgeの電子書籍ビューアを更新し、[Ctrl]キー+マウスホイールボタンによるズーム機能をサポートした。
・ハンガリー語用キーボードを使用時にMicrosoft Edgeの「F12 Developer Tools」ウィンドウへの文字入力ができなかった問題を修正した。
・「項目のサイズ変更」をコントロールパネルから「設定」の<システム/ディスプレイ>に並ぶ<Cusom scaling>に移行した(筆者注: その結果、コントロールパネルの「ディスプレイ」は廃止された)。
・高DPI環境で、タスクバーのプレビューアイコンが予期せずに小さくなる問題を修正した。
・文字数制限があるテキストボックスに省略を意味する記号を入力する機能をタッチキーボードに追加した。これらは英語やドイツ語などラテン系言語で利用できる。
・タブレットモード使用時に特定のUWPアプリケーションで、テキストボックスの外をタップしてもタッチキーボードが無効にならない問題を修正した。
・新しい互換性オプションの設定項目名ミスを修正した。
・新たにピン留めしたタイルが「最近追加されたもの」リストに追加される問題を修正した。
・スタートメニューにピン留めしたタイルのアニメーション効果を改善すると同時に、既存のタイルと同じ行にドラッグできないというもの代を修正した。
・SpeechRuntime.exeが原因でCortana利用時に予想外のCPUリソースを消費してしまうビルド15014の問題を修正した。
・「メモ帳」を最大化して使用する際にスクロールバー表示に必要とする右端の領域が、正しく動作しない問題を修正した。
・特定のアプリケーションで[Alt]キーを押してメニューバーにフォーカスを移動させた後、[Ctrl]キーを押すかアプリケーションの子ウィンドウをクリックすると、アプリケーションが応答しなくなる問題を修正した。
・UNCパスを入力するとCortanaがクラッシュする問題を修正した。
・既定のアプリケーションを選択するウィンドウが正しく動作せず、Windowsストア経由でアプリケーションを探すオプションを選択した状態になる問題を修正した。
・「設定」の<個人用設定/テーマ>を追加し、多くのデスクトップテーマが利用可能になった。また、Windowsストア経由のリンクも正しく動作する。
・コモンダイアログ経由でフォルダー名を変更して開くと、特定のアプリケーションがクラッシュする問題を修正した。
・「Snipping Tool」で<四角形の領域切り取り>モード以外を選択している際、[Win]+[Shift]+[S]キーが動作しない問題を修正した。
・フォルダーを別ドライブにコピーもしくは移動する際、システムなど特定のファイル属性が失われる問題を修正した。
・特定のフォントをコマンドプロンプトで使用すると、conhost.exeがCPUリソースを過剰に利用する問題を修正した。
・「設定」の<デバイス/Dial>に並ぶアプリケーションを、アルファベット順に一覧表示するように変更した。
・Windows INKで消去のやり直しを繰り返すと、予期しない順序で復元する問題を修正した。
・Windows INKの「画面スケッチ」で画面を取り組む際の信頼性を向上させた。
・マウスやキーボードが数秒間応答しなくなる問題を修正した。
・タブレットモードに切り替えると、特定のアプリケーションがクラッシュする問題を修正した。
・タスクバーの時計とカレンダーのフライアウトで、予定外または不在設定を行った予定が「自由」と表示されてしまう問題を修正した。
・背景設定で「スライドショー」を選択し、複数のフォルダーを対象としている場合、スライドショーが正しく動作しない問題を修正した。
・「設定」の<個人用設定/テーマ>から移動した後、再び戻るとページが点滅する問題を修正した。
・「設定」の<デバイス/Bluetoothとその他のデバイス>に「Systemsettings.Viewmodel.settingentry」と表示される問題を修正した。
・「設定」の信頼性を向上させた。
・表示言語として中国語(繁体)を選択し、並び替え方法として「音韻」を選択していると、ロック画面の時計が表示されない問題を修正した。
・フィードバックに基づいて、仮想タッチパッドのボタンが強調されるように外観を調整した。
・「Netflix」を起動するとクラッシュする問題を修正した。
・PCゲーム「DOTA2」が正しく起動しない問題を修正した。

次はPC版で確認されている問題を紹介する。

・本ビルドをダウンロードする際の進捗状況を示すインジケーターは破損している。辛抱強く待ってほしい(筆者注: 本件はOSビルド15002以降から発生している)。
・Windows Spectrum(Spectrum.exe)サービスを起因とする例外エラーが発生し、オーディオ出力の消失と異常なまでのディスクI/Oの使用率向上が発生することで、Microsoft Edgeなどのアプリケーションが特定条件下で応答しなくなる可能性がある。この問題が発生した場合は「C:\ProgramData\Microsoft\Spectrum\PersistedSpatialAnchors」フォルダーを削除し、PCを再起動する。
・新しいセキュリティモデルの実装に伴い、特定のGoogleサイトへ接続すると問題が発生する可能性がある。問題を回避するにはInPrivateモードを利用する。
・一見すると正しく読み込まれているように見えるが、本ビルドではMicrosoft Edge拡張機能は機能しない。この問題は次のビルドで修正される。
・Microsoft Edgeの「F12 Developer Tools」が断続的にクラッシュし、入力を受け付けないことがある。
・Microsoft Edgeの<要素の検査>と<ソースの表示>を選択しても、DOM Explorerおよびデバッガーが正しく起動しない問題がある。
・「設定」に<Mixed Reality>エントリーが表示される。
・OOBEプロセス中に一部のCaptive Portal Wi-Fiへ接続できない問題を確認している。
・OOBEプロセスで音声コマンドが正しく動作しない。
・海外では有名なアプリケーション「Quicken」が.NET Framework 4.6.1がインストールされていないことを示すエラーが発生する。問題を回避するには、HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\WOW6432Node\Microsoft\NET Framework Setup\NDP\v4\Clientキー、およびHKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\WOW6432Node\Microsoft\NET Framework Setup\NDP\v4\Fullキーの文字列値「version」のデータを「4.7.XXXXX」から「4.6.XXXXX」に変更する。
・アイコンをドラッグ&ドロップすることでスタートメニューにピン留めする機能が動作しない。ピン留めするにはコンテキストメニューから実行する。
・Tencent製アプリケーションやゲームがクラッシュし、正しく動作しない可能性がある。
・「設定」の<更新とセキュリティ/Windows Update>で「一部の設定は組織によって管理されています」というメッセージが表示されるが、フライト構成設定に引き起こされたバグなので気にしないでほしい。
・一部のPCでサウンド再生時に「デバイス使用中のエラー」が発生する。現在調査中だが、「Windows Audio」サービスを再起動することで改善する可能性がある。
・希にアクションセンターが色を持たない空白として表示される。その際はタスクバーの位置を変更すると改善する。

なお、今回は「ゲームに関する既知の問題」も報告されているため、別枠として以下に紹介する。

・OS側の問題でポピュラーなPCゲームがクラッシュ、もしくは黒い画面として表示される。
・Win32ベースのPCゲームで特定の要素をクリックすると、最小化して元に戻すことができなくなる。
・システム全体のゲームモードは既定で有効だが、ユーザーが操作するまで設定項目のスイッチはオフとして表示される。
・ゲームバー経由でBeamに配信する際は、多くのプライバシー設定を変更しなければならない。
・特定のハードウェア構成では、配信時にゲームバーのウィンドウが緑色で点滅することがある。ただし、配信映像の品質には影響していない。

阿久津良和(Cactus)

(阿久津良和)