『劇場版SAO』が完成!

写真拡大

全世界シリーズ累計1900万部発行の大人気小説を、原作者・川原礫の書き下ろし完全新作ストーリーで映画化した『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』(2月18日公開)。完成披露試写会が1月30日に新宿バルト9で開催され、声優の松岡禎丞、戸松遥、伊藤智彦監督が登壇。松岡が「『ソードアート・オンライン』の集大成と言える作品」と完成作に胸を張った。

【写真を見る】劇場版『ソードアート・オンライン』ではキリトとアスナの関係性の変化にも注目だ/[C]2016 川原 礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊/SAO MOVIE Project

TVアニメも人気を博した『ソードアート・オンライン』の初の劇場版となる本作。次世代AR(拡張現実)情報端末“オーグマー”によって拡張化されたゲームに参加する主人公たちの姿を描く。

シリーズを通して主人公・キリトを演じる松岡は「皆さんの心に突き刺さってもらえるとうれしい」と感無量の面持ち。「アフレコから3か月ほど経った今も余韻が残っていて、『こんなに動くのか』というくらい、丁寧に描かれています。作画の方々も「寝るよりも描きたい」というほど熱量を込められた作品」と話す。

アスナ役の戸松は「原作者の川原礫先生によるオリジナルストーリーで、台本をもらった時からどんな話なのか気になってワクワクしていました」と自身も楽しみにしていたと言い、「実際に観てみると、ものすごい展開が待っていますので、皆さんにも楽しんでいただきたいです」とアピールした。

また、「劇中に登場するAR情報端末“オーグマー”が現実世界でも使用できるなら、どんなことをしたいか」との質問が上がる一幕も。松岡は「家から仕事の現場までの道のりをダンジョンにして、日常を冒険にしたいです」とコメント。

戸松は「私はアフレコの時に全身を使って動いて演じるので、“オーグマー”で直接台本を目で見れるようにして、両手を自由にして演じたいです」と声優ならではの回答。これには松岡も大きくうなずいていた。