イスラエルのモービルアイ社は、単眼カメラをはじめとした自動運転に関する高い技術を擁している企業。

日産、マツダ、ホンダ、三菱、BMW、ボルボ、フォード、アウディ、フォルクスワーゲン、GM、ヒュンダイなど世界中の自動車メーカーやサプライヤーにその製品や技術を提供しています。日産セレナの部分自動運転技術を担う単眼カメラもモービルアイ製であることが公表されています。

1

ジャパン・トゥエンティワンを通じて1月30日から発売された「モービルアイ570」は、後付け型の衝突防止補助システム。従来機種の表示部をLEDからカラー液晶に変更し、警報アイコンがより大きく表示されるなど、自動車の国際安全基準である「UN−ECE」基準に対応した表示デザインが採用されています。

衝突防止補助システムの要といえる車両、歩行者、車線(警報の対象物)の認識率も向上。新たに速度標識を読み取って速度超過を知らせる警報機能も標準装備されています。

さらに取付日から3年間、不良品の修理や工賃負担などの保証サービスも改められています(取付日から3年経過するまでの間の不良品の修理、代品対応、それにかかる工賃の負担なし)。

具体的な動作としては、衝突の危険が迫るとアイコン表示とブザー音による警報を出して事故防止を促す仕組みで、いわゆる「自動ブレーキ」には対応していません。主な機能は「前方車両衝突警報」、「低速時前方車両衝突警報」、「歩行者衝突警報」、「車線逸脱警報」、「前方車間距離警報」、「速度標識認識」が用意されています。

「Mobileye(モービルアイ)570」の価格は172,800円で、工賃は乗用車が37,800円、中大型車が48,600円です。警報が中心なので価格は決して安価とは言えませんが、業務用車両などで、少しでも事故を回避したいというニーズに応えてくれそうです。

(塚田勝弘)

【関連リンク】

Mobileye(モービルアイ)570 - Mobileye モービルアイ 後付けできる衝突防止補助システム
http://www.imobile.bz/product/mobileye570

後付けできる衝突防止補助システム「モービルアイ570」が新登場(http://clicccar.com/2017/01/30/441527/)